日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


朝日新聞朝刊 1985年05月22日
'85春・北朝鮮から:7
安定社会
物価も給与も不変 水準、10年前とほぼ同じ
 
 平壌市に住む大学職員、崔準沢さんに、家計のやり繰りを話してもらった。
 月収は、準沢さんの「生活給金」(給料)が105ウォン、妻の美容師、朴慶林さんが95ウォン。仕事が忙しい時は歩合がついて慶林さんのが多少増えるが、普通は合わせて200ウォン、ホテルなどでの相場1ウォン=約100円で換算して2万円である。
 
 支出の半分は食費
 
 このうち約半分が食費に消える。「普通の成人男子1日700グラム」「炭鉱労働者1100グラム」といった基準で配給される主食のコメは、10キロが0.8ウォンと極めて安い。が、大学生1人と高等中学生2人という食べ盛りを抱えている崔家では、副食費も含めて月に100ウォン程度はかかる。
 2Kのアパートは国から貸与されたもので、使用料が月10ウォン。冬季は暖房費が1.5ウォンほど加算される。が、それでも月収の6%未満。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では、マイホームを買う自由がないかわりに、住宅ローンの重圧もないわけだ。
 「皆さんは税金で大変だそうですね」と準沢さんが口をはさんだ。この国では1974年に個人所得税が廃止され、国の収入は企業などからの税収でまかなわれている。教育も医療も無料。金日成主席の誕生日に学生服が割引価格で支給される、といった配慮もある。
 食費、住宅費、雑費に使った残りは貯金し、衣類、家具といったまとまった買い物に充てる。この一家が今年になって買った値のはるものは、準沢さんの背広(100ウォン)と慶林さんのニットウエア(72ウォン)。
 
 月収3ヵ月分の貯金
 
 「失礼ですが、貯金は」。「600ウォンです」。月収の3カ月分。「音楽好きの長男のために、古くなったバイオリンを今年中に買い替えてやりたい」「母の古希が近いので、何かお祝いを」。夫妻が話した貯金の使い道だ。
 夫婦で200ウォンという月収は平壌市民の平均に近い。それは他の人々の収入をきいて確認できた。50歳の女性小学校長の180ウォン、49歳の発電所支配人の160ウォン(業績によって200ウォンにもなる)が高い方。重機械工場の高卒初任給が70ウォンで、最熟練工は140ウォンだった。
 日常生活は、月200ウォンあれば十分やっていける。表を見ていただきたい。生活必需品はとにかく安い。値段は平壌の百貨店や街を歩いて調べたものだ。
 
 ベアは昇進で得る
 
 ところで、この給与水準と価格を、10年前の報道と比較して驚いた。両方とも、ほとんど変わっていないのだ。給与水準は70年に平均32%増額されて以来基本的に変わらず、工業品価格も74年に平均30%引き下げられて以来大きな手直しはない。物価が安定しているかわりにベアもない。収入を増やすには、昇進するしかないのである。
 給与水準が上がっていないのに、北朝鮮政府が「人口1人当たり国民所得は75年に1000ドルを超え、82年には2200ドルに達した」と発表しているのはなぜか。対外文化連絡協会幹部の回答は「製品の質が良くなって実質的に値下がりしているし、政府がつくる住宅や福祉施設の数が増え、人民の総体としての生活水準が上がったからだ」というものだった。しかし、国民所得の具体的計算方法について、明確な説明はなかった。
 社会主義国でも異例な物価の「安定」は、社会にとって大きな強みに違いない。が、それは価格の働きを無視してきたことでもある。技術の進歩でコストが下がった製品は、実際に値下げをして初めて、暮らしの向上と経済の活性化につながる。北朝鮮経済がもう一段の発展をとげるには、硬直した価格政策の弾力化が必要ではないか、と思った。
 (岡田 幹治記者)
 
 
平壌の物価(今月4月現在)単位ウォン (円換算)
 
たばこ(20本入り) 0.4―0.5 (40―50)
しょうゆ(小ビン) 0.7 (70)
婦人ものワンピース(スフ) 15.3 (1,530)
カーディガン(ニット) 36.2 (3620)
ツーピース(テトロン)) 80 (8000)
既製服上下(合成繊維) 66.3 (6,630)
注文の背広 100以上 (10,000以上)
白黒テレビ(国産) 620 (62,000)
電気洗濯機(国産) 250 (25,000)
地下鉄(全線) 0.1 (10)
「清涼飲料店」のビール 0.9 (90)
アイスクリーム 0.25 (25)
遊園地 入場料 無料
観覧車 0.3 (30)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
463,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から