日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


朝日新聞夕刊 1978年12月2日
'78初冬・北朝鮮:6
肉親の安否を気遣う
 
 この国の人びとの最大の念願は、やはり祖国の統一だろう。「朝鮮民族は一つの言葉、一つの風習、一つの国土で結ばれてきた民族です」「それが、南北に分断されているのは悲しいことです」。人びとは話の最後に必ずそう付け加えた。
 こうした思いは、とりわけ、離散家族に強い。家族が「北」と「南」に離れ離れになっている人びとのことだが、軍事分界線に近い開城市は、離散家族が市民二十五万の七0%にも達するという。このあたりは朝鮮戦争前は「南」に属し、戦争中は激しい攻防の舞台となり、戦後は「北」に属するようになったためだ。市内で離散家族に会ったが、生き別れの肉親の安否を確かめるすべもないという訴えを聞くのはつらかった。その一人、織物工場に勤めるウ・ウンボクさん(三0)の身の上はこうだ。
 「父母と姉、兄が南のソウルに住んでいたが、母が妊娠し、開城にあった実家に帰り、わたしを産んだ。ソウルに戻ろうとした時、アメリカが戦争を起こし、母とわたしは帰れなくなった。それで、父、姉、兄と離ればなれになってしまったんです」
 大きくなるにつれて、どうして父がいないのだろうと考えるようになった。同じ年ごろの友人が父親と手をとって遊んでいるのを見て、自分も父親と遊びたいと思った。他人がいない時、まだ見ぬ父に向かって「お父さん」と叫んでみたこともある。「父にひと目あいたい」。彼女はそういって涙ぐんだ。
 平壌の国立歴史博物館の説明員の訴えにも、切実な響きがあった。「ここには百済、新羅の資料が少ないんです。その時代の遺跡は南にあるから、われわれには発掘したくてもできないんです。で、やむなく模造品で間に合わせているが、朝鮮の全歴史を展示した博物館をつくるためにも統一は必要です」
 統一を心から願う点では、韓国の民衆もまた同じであろう。「北」と「南」を隔てる分界線がなくなるのは果たしていつの日であろうか。
(おわり)(文・岩垂 弘編集委員)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
474,927

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から