日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習で考えたこと
 真下 慶子
 解剖学実習を始める前は、「本当に自分ができるのだろうか」、「遺体を見て倒れるんじゃないか」と不安が大きかったけれど、無事この実習が終了して、「ホッ」としています。この実習を通して、歯科医師という職業が、人の体にメスを入れ、その命をあずかる非常に責任のある職業であり、自分自身がその歯科医師になろうとしているという自覚を改めて持ちました。
 遺体にメスを初めていれた時のあの恐さや緊張は忘れられませんし、これから自分が歯科医師となって、たくさんの患者を診たとしても絶対に忘れてはいけないと思います。また、遺体を解剖し、全身を観察することで、今までバラバラだった知識がつながっていき生きた知識になったことが、とても実感できました。
 また遺体を通して、“生と死″、“命の尊さ″について深く考えさせられました。医学の発展のために自らの体を提供して下さった遺体を扱っていると、実習の時間をムダにはできないし、自分自身が健康であることが、どれほど幸せであるかということが分かりました。献体して下さった方々は、きっと「健康でもっともっと生きたい」と思ったからこそ、献体して下さったと思うのです。実習を始めてから、殺人事件や自殺のニュースがよく耳に入るようになりました。仮に社会の人々すべてが解剖実習を行うことができたら、殺人も自殺も減ると思います。
 そして自分がこのような貴重な経験ができたことを献体して下さった方々、またそれを承諾して下さったご家族に心から感謝し、これから自分が学んでいく歯科医学に役立てていきたいと思います。
 金沢先生が実習の最初に、「遺体は君達にとっての最初の患者である。」とおっしゃられていたのが印象的でしたが、私にとって遺体は、「患者」であるとともに「恩師」であったと思います。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から