日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

自然と文化 第68号(ぼくの日記帳は、カメラだった。)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


【編集雑記】
今回の取材で二度、飛弾野さん宅を訪れた。旧東川町の中心地であったお宅は、メインストリートに面していながらも、のどかな静かな環境の中に建っていた。飛弾野さんのお宅には、野良猫だったという二匹の兄弟が飼われている。一匹はキジトラで、もう一匹は毛の長い茶色の猫であった。取材中、何度も姿をあらわし、あたりの様子を伺う。やはり来客が気になるとみえる。二度目に訪れた時は、二匹の猫のほかに生後半年ほどの犬が家族に加わっていた。そんな平和な家で、一五時間に及ぶインタビューは、全く退屈させなかった。
インタビューの合間、勇ア哲史さんの案内で開拓時代の湧水地を訪れた。小高い山の麓の谷間に、清らかな水が湧き出ていた。薮に囲まれていた。広大な北海道の地に、点のような場所を見ることができ私は少なからず感動した。
それから数ヵ月後、あの湧水地の近くには、戦争中、中国から強制連行されてきた労働者が居住していたと聞いた。飛弾野さんからは、ダム建設のために連れて来られた多くの中国人の話は聞いていたが、実際に訪れたあの地でということになると勝手が違ってくるのだ。私の頭の中には改めて東川町の像が映し出され、時間を追い始めたのだった。
(眞島)








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
490位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
19,119

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.黒石のこみせの町並み
2.旧吉田宿の町並み
3.島原?キリシタン弾圧の痕跡を残す町家と町なみ
4.自然と文化 第67号(ニホンミツバチの文化誌)
5.自然と文化 第69号 (特集1.アジア都市文化学の試み 2.大阪からのまなざし)
6.九州うんゆジャーナル 2001年夏号 VOL.62
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から