日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

自然と文化 第68号(ぼくの日記帳は、カメラだった。)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


◎7 カメラは日記帳◎
 平成13(2001)年7月、ギャラリーで受賞作家作品展が開幕し、ひきつづき公民館において授賞式と受賞を祝う集いが挙行された。海外作家賞にはラトビア共和国のアンドリュース・グランツ、国内作家賞に細江英公、新人作家賞はオノデラ・ユキ、そして特別賞が飛弾野である。写真家・飛弾野の誕生は町内だけではなく、町外の写真関係者からも歓迎され祝福された。翌日にはフォーラムが開催され、列席したパネリストらから、飛弾野の写真展を国内の主要な美術館に巡回させよう、といった意見も飛び出す。そして、東京から来たという女子大生から質問があった。
 「日本を代表する写真美術館でご自身の写真展を開催するなど、今のお歳になって写真家として認められてゆくことについて、どう思いますか?」。
「僕が写真を撮っているのはね、僕のカメラは日記帳代わりで、僕の人生記録だと思ってね、ずっと撮っているんです。だからこれ(写真展)を持っていってね、みんなに見せてね、オレの写真どうだなんて、そういうような気持ちは私には無いんです。自分一人で楽しんでおるわけでね、私はさっきもちょっとお話ししましたが、学校出てから役場に入って40年間勤めたんですけれど、いつも弁当箱とカメラは離したことがないと。そういうことです」。
z0053_01.jpg
保育園長時代の園児と一緒に記念撮影
 そういうことなのだ。飛弾野は写真家になりたいとは思っていなかった。カメラや写真という道具が、ただ面白かった。撮った写真をあげると喜ばれた。人を喜ばすことは自分を喜ばせることでもあったし、それは日記帳にもなった。だから、物質的な身体の維持を意味する″弁当箱″と同じように、飛弾野にとっての″カメラ″は精神的持続を意味し、それをいつも傍に置いていた。こう考えると飛弾野と写真との関係の輪郭がうっすらと見えてくる。飛弾野はかつて私に語ったことがある。「他所に行って、道ばたにどんなに綺麗な花が咲いていてもね、それを写真に撮りたいとは思わないんです。自分の家の周りに咲いている花の方がいい。どんなにちっぽけでヘンてこな花でも撮りたくなる」。こういった心から飛弾野の写真は産まれるのだが、この周囲への愛着心は一体どこから生まれるのだろう。そして、これからどこへ行くのだろう。飛弾野数右衛門という″写真家″は、本人の自覚の中では今も、そして永遠に誕生しないのかも知れない。
……………<ゆうざきてつし・東川町写真の町推進企画専門員>








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
489位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
19,141

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.黒石のこみせの町並み
2.旧吉田宿の町並み
3.島原?キリシタン弾圧の痕跡を残す町家と町なみ
4.自然と文化 第67号(ニホンミツバチの文化誌)
5.自然と文化 第69号 (特集1.アジア都市文化学の試み 2.大阪からのまなざし)
6.九州うんゆジャーナル 2001年夏号 VOL.62
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から