日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

精神疾患の身体症状、身体疾患の精神症状

 事業名 健康教育の啓蒙普及並びに調査研究(Enlightening movement & Research of Health education
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


2. 意識障害の臨床症状
 昏睡状態は一目でわかります。まったく反射のなくなった状態で,痛みの刺激を与えても反応がない状態です。問題は,軽い意識障害です。これは寝ぼけに似ているところがあります。大声で呼ぶとわれに返り,意識清明に近いレベルに戻りますが,.放っておくとまた意識混濁に入っていくという状態です。この状態では記憶障害や,自分がどこにいるのか,時間もわからない見当識障害,そして人物誤認したり,錯覚が起こりやすい。それからインコヘレンツといいますが,思考の散乱がある。脈絡が乱れて,何を言っているのかわからない状態です。思考の脈絡が乱れるのは精神分裂病でもありますが,精神分裂病の場合は滅裂思考といい,脳の損傷や意識障害による場合はインコヘレンツです。実態は同じです。
 もうひとつ大きな特徴は,注意・集中力の持続が低下します。注意が定まらず,すぐに気が散るように持続性がなくなります。食事の時にボンヤリしているので,声をかけるとハッとして食べ始めますが,しばらくすると虚ろな表情のまま箸で茶碗を突っついているような無意味なことをしている,といった状態がみられます。
 そして幻覚が出やすい。とりわけ症状精神病や器質性精神病では幻視が多い。それに対して精神分裂病の場合は幻聴が多い。ですから幻視をみた時にはまず薬とか身体的な病気による症状と考える必要があります。
 また,雲が人の顔に見えたり,壁のしみが虫に見えるパレイドリアがよくみられます。あるものが違うものに変形して見える錯覚で,何もないのに見える幻覚とは違います。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
213位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
51,138

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.「新老人運動」へのお誘い
2.これからの看護記録・新しく変転するPOS ?診療情報開示とリスクマネージメントを視野にいれて?
3.うつのカウンセリング学
4.私たちの遺書?語り残した戦争体験?
5.平成13年度 海外医療事情調査報告書 米国における老年医療の現況に関する調査報告
6.新老人 実りある第三の人生のために
7.月刊広報誌「教育医療」2001年4月
8.月刊広報誌「教育医療」2001年5月
9.月刊広報誌「教育医療」2001年6月
10.月刊広報誌「教育医療」2001年7月
11.月刊広報誌「教育医療」2001年8月
12.月刊広報誌「教育医療」2001年9月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年10月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年11月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年12月
16.月刊広報誌「教育医療」2002年1月
17.月刊広報誌「教育医療」2002年2月
18.月刊広報誌「教育医療」2002年3月
19.早期退院をめざすための技術と戦略 ?保健医療職に必要な患者ケアの技法に何があるか?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から