日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

続日本の海岸はいま… 九十九里浜が消える!? ?漁港と海岸線の変遷?

 事業名 海洋・船舶の実情調査及び研究等
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


(a) 自然状態

004-1.jpg

天然の広い砂丘地が広がり、前浜も広く緩勾配の海岸であった。長い間続いてきた九十九里浜の原風景である。

 

(b) 保安林前進

004-2.jpg

まばらに植生で覆われた砂丘で飛砂や飛塩を防止するための松の植林が進められ、低い草本類で覆われた砂丘が松の密生した保安林に変わったため、結果として植生帯が狭くなった。

 

(c) 土堤の建設

004-3.jpg

新しく形成された保安林を飛砂や飛塩から防護するために保安林の最も海側に土堤が建設された。ちょうど時を同じくして侵食に伴う汀線の後退が始まった。

 

(d) 直立護岸の建設

004-4.jpg

土堤および背後の保安林を侵食から守るために直立護岸が建設された。しかし侵食がなおも続き、護岸前面が深くなるため越波が激しくなった。

 

(e) 消波堤の建設

004-5.jpg

護岸からの越波を防止し護岸の被災を防ぐため消波堤が建設された。しかし侵食は続き、護岸前面はさらに深くなった。

 

かくして人が年を取るのと同じように必然的に海岸の人工化が進んで来たのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
146,121

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.和船・舟大工等に関する調査
2.木造船に関する基礎調査報告書
3.「和船」「船大工」に関する調査報告
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から