日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本列島沿海における「船競漕」の存在分布調査報告書

 事業名 日本列島沿海における「船競漕」の存在確認調査
 団体名 東海水産科学協会 海の博物館 注目度注目度5


調査の方法について

 

事前に調査のあらかたの計画は相談の上、作ってあったが、細部について安冨俊雄(梅光女学院大学)と石原は直接会ってさらに相談確認した。確認事項は、

1) 『船競漕』の存在分布に関する既存文献を探し直す。

2) 市町村の「観光担当」部署宛に、アンケートを出す。

3) 聞き取り調査を地域を分担して実施する。

4) 民俗部門を持つ博物館および市町村文化財担当課へ調査依頼をする。

の4項目であった。また、すでに過去に調査済みの個所については、安冨と石原で相互照合し、あと電話などで存否の簡単な確認をすることとした。

 

1) 既存文献について

『船競漕』を研究対象とし全国的に調査研究した文献は大変すくなく、単行本、雑誌等掲載文を含めて、ほぼ下記のものに限られる。

1−「日本の舟競漕 壱岐編」 安冨俊雄著 郷ノ浦町発行 平成7年

2−「船競漕の民俗 事例を中心に」 海野清著 『民俗学評論』第18・19合併号 1980年

地域を中心に取り上げているが、中に各地の記載があるもの、

3−「天草ペーロン志」 小松原濤著 天草民報社刊 昭和31年

4−「沖縄船漕ぎ祭祀の民族学的研究」 白鳥芳郎:秋山一著 勉誠杜 1995年

5−「せりぶね 水俣市競り舟大会復活」 水俣市競り舟協会編纂刊行 昭和62年

その他、地域の祭りを網羅的に集めた目録、事典などの類で活用したものは、下記のようなものである。

1−「海の祭り100選」 水産庁振興部振興課編纂 平成3年

2−「港湾まつりガイドブック(全国版)」 全日本漁港建設協会編纂 平成10年

3−「日本祭礼行事総覧」 新人物往来社 平成10年

4−「漁村の文化資産と行事」 全国町村水産振興対策協議会編纂 平成8年

各種の観光ガイドブック類も閲覧したが、ほとんど役に立つことはなかった。長崎ペーロンや沖縄ハーリーのような一般に知られたもの以外は特に中央で編集された観光雑誌には『船競漕』の記載は少ない。

市町村単位の民俗調査書や地方史には、その地の民俗行事として、濃淡はあるが取り上げられている場合が多く、現地調査に赴いた時には図書館等でお世話になった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
325位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
33,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.K?GPSを用いた水路測量の効率化の研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から