日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

開発途上国の都市公共交通整備支援事業

 事業名 開発途上国の都市公共交通整備支援事業
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


4.4 今後の課題

(1) 将来の都市構造、土地利用計画、人口配置計画

将来の都市交通需要を予測するためには、その入力条件として、ゾーン毎の人口、労働者数、自動車の保有台数等の「将来の都市活動データ」が必要である。そのためには、ヤンゴン市の将来の都市像を明確にしておくことが必要である。具体的には以下の方針、計画を策定する必要がある。

● 都市構造

● 都市開発、都市保全の方針

● 土地利用計画

 

(2) 信頼性の高い都市交通データ

将来の都市交通需要を予測するためには、精度の高い交通モデルの構築が不可欠となる。交通モデルは、現状の交通施設と現状の交通需要(流動)を基に作成されるが、精度のよいモデルを構築するためには、精度の高いデータ(サービスとデマンド)が要求される。

● 現在の道路網、鉄道網、バス網、その運行状況を運行状況データベース化し、更新を継続して行う。これには、JICA STRADAの利用は有効な手段である。

● パーソントリップ調査(人がいつ、どこからどこへ、どのような交通手段で移動したかのアンケート調査)やカーインタビュー調査(自動車ドライバーへのアンケート調査)を実施する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,000位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
9,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.平成12年度 アジア太平洋地域における民間航空訓練センター整備状況調査 調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から