日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

開発途上国の都市公共交通整備支援事業

 事業名 開発途上国の都市公共交通整備支援事業
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


2. ヤンゴン市の概況

 

2.1 都市開発の概況

(1) 都市の発展と都市構造

ヤンゴン市はYangon川とBago川の合流域にあり、その地域は適度の密度で市街地が広がり、自然と歴史の魅力を持った街である。しかしながら、都市周辺には新たに開発された衛星都市と昔ながらの古い住宅が混在している。CDBとInner Ring地区は、ヤンゴン市の設立当時からの地域である。その後、市街地はOuter Ring地区とOld Suburbs地区へと拡大されていった。市街地の開発・拡大は、さらにInseinからMingaladonのNorthern Suburbs地区へと広がっていった。1988年以降、New Suburbs地区として新しい衛星都市が既成市街地の東、西、北に建設されてきた。South地域に分類されるのは、ヤンゴン川を渡った地域である。ヤンゴン市の都市計画は、1985年に設立されたYCDCが中央政府関係機関と共同で実施している。ミャンマー政府は、1993年にYangon City Structure PlanをUNDPの援助を得て策定している(図2.1参照)。この計画は、現状の開発方針を踏襲する形であるが、詳細は不明である。

 

(2) 都市人口の推移

ヤンゴン市の人口は、1983年の247万人から1993年には318万人と徐々に増加している。また、2003年の推計値は450万人とさらに人口の集中が予想される。ヤンゴン市全体の人口は過去年率約2%で増加してきた。今後の予測ではそれ以上の高い率で人口増加が進むものと予想している。1980年代に策定された人口計画では2020年には513.6万人、年増加率は約2.4%となると予想している。これをアジアの他の大都市と比較すると、人口の増加率は低い。他の大都市の人口増加率は、1980年時点で3.6%〜6.9%と高い。これらの都市との比較から、ヤンゴン市の人口は政策的に低く抑えられていると言える。

 

表2.1 ヤンゴン市の地域別人口分布(単位:千人)

014-1.gif

Source: Yangon City Structure Plan, DHSHD/UNDP

 

表2.2 人口の都市間比較

014-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,000位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
9,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.平成12年度 アジア太平洋地域における民間航空訓練センター整備状況調査 調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から