日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


8. 切った木の処理

 

(1) 細い木の場合

細い木は作業に好都合な場所に方向を揃えて集め、あとで1mほどに切って束にし林から運び出します。急斜面の場合には、杭を打って斜面に水平に柵のように柴をひっかけておくこともあります。こうすると、土砂崩れの防止となるとともに、腐ったものが肥料となります。

 

(2) 太い木の場合(玉切り)

太い木はもしつるが絡んでいればまずつるを切り、枝をはらいます。また、最初に上側の枝を切り、木が安定しているのを確認してから下側の枝を切ります。この場合、切る枝と反対側に立って足元をよく確かめ、株元からこずえに向かって枝を切ります。特に鎌やナタを使う場合は、切る枝と同じ側に立つと、刃物が跳ねて足を切ることがあります。

枝をはらっている木が突然動き出すこともあるので、できるだけ幹の山側に立って作業します。特に、利き枝(その枝が木を支えているもの)を切る場合は、必ず山側に立ちます。利き枝は一気に切らず、まず軽く刃物を当てて様子を見て、安全を確かめてから切ります。

木を切り倒す場合は、枝はらいがしやすい場所へ倒すことを考えるとよいでしょう。枝はらいが終わったら、その木の利用目的を考慮して搬出可能な長さに切り(玉切り)、平地や林道付近へ集めます。

中高木は、切った木を処理してから次の木に移ります。切り重ねてゆくと処理が困難になるし、危険を伴います。潅木はある程度切ってから、片付けてもよいでしょう。

 

072-1.gif

切り出した間伐材は目的にあわせて玉切り

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
110,004

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から