日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 里山の成り立ち

 

この府域周辺に広がる里山は、私たちの祖先が弥生時代から今日まで、およそ2000年にわたって営んで来た水田稲作農耕と深くかかわって発生したものと考えられます。すなわち水田農耕では一定の土地を繰り返し使用するため、土地がしだいに痩せて来ます。そこでこれらの土地への施肥の必要から、集落近くの森林から落ち葉や下草を集め、人や家畜の糞尿とともに堆肥として田や畑に鋤き込みました。また落枝や下木は「いろり」や「かまど」で燃料として使われたあと、木灰として灰桶に集められカリ肥料として田畑に撒かれました。

 

私たちが最も身近な自然として親しみのあるアカマツ林は、このような森林からの養分奪取の結果生まれたものと言われています。この他農具や生活用具を作るための用材林、田や畑への用水や飲み水を確保するための水源林、さらに「みやこ=都市」の成立と拡大によって大量のマキや炭の需要※1が起こり、そのためのクヌギ・コナラ(地域によってはケヤキ、ブナ、ナラガシワなどのナラ属や、ウバメガシなどの専用林が作られた※2などからなる薪炭林などが近年まで大切に維持されて来ました。

 

このようにして発生した里山は、ブナの原生林や天然林などと異なり、我が国に農耕文化が伝えられて以来近年までずっと人手の加わり続けた活用林野であり、二次的に成立した自然なのです。そのためその態様は人々の歴史とともに変遷しつつ、自然と人間が織り成す独特の風土、景観を作り上げています。

 

※1江戸時代後期の年間炭の需要=2382,600俵(36,100t)

※2天正2年(1574年)池田炭(中川勘兵衛清光)・元禄2年(1689年)備長炭(備中屋長左衛門)・寛政5年(1793年)佐倉炭(川上右仲)などの製炭技術が完成し薪炭の大量生産が行われたと記録される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
108,056

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から