日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


185-1.gif

図-9 エドマ形成に関わる気候変動

 

エドマの融解

最終氷期が1.3万年前に終わり、急激な温暖化が始まった。しかし、地表面での温度上昇が地中に伝播するのに時間的な遅延があり、すぐには融解しない。またシベリア地域早い速度で植生の回復があって、9000年前にはほぼ現在と同じようなタイガがシベリアを覆ってしまった。このため、永久凍土の温度上昇は植生被覆で遮られた。こうした状態を永久凍土の熱的不安定化と呼ぶ。ところが、森林火災などによって植生が破壊されると、永久凍土の地表面熱収支バランスが崩れ、一気に凍土が深くまで融解しはじめる。現在のシベリアタイガと永久凍土とは微妙なバランスから成り立っている。タイガの分布の中心地域であるヤクーツクでは、年平均気温は-10℃で年降水量は236mmである。これだけの降水量では、砂漠かあるいはステップしか成立しえない。ところが実際には世界最大の森林であるタイガが成立したのは、永久凍土の存在による。永久凍土では夏の間に100cm程度融解する。こうした夏季融解層を活動層と呼ぶ。このわずかな夏季融解層に貯留された土壌水分を、タイガが有効に活用している。もし地下の永久凍土が存在しなければ、わずかな降水や融解水は、土中に下方浸透してしまい、表層部の土壌は乾燥する。一方、永久凍土から見れば、タイガが夏季の直達日射を遮り凍土の融解を防いでいる。タイガの成立は永久凍土に依存し、後氷期の温暖化のもとで、永久凍土が不安定化しながら残存しているのは、タイガのお陰である。こうした永久凍土とタイガとの関係は、生態学的な共生関係ともいえる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
124位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
102,034

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から