日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


写真-1でも明らかなように、エドマは氷とその間に円柱状の凍土が規則的に分布している。ここではエドマ層の厚さは約30mである。図-3にシベリアでのエドマ層の分布を示す。レナ河、ヤナ河、インジギルガ河、コリマ河の下流ないし中流域と、北極海沿岸域に限られている。地下氷の部分が融解して大地が陥没することや、写真のような垂直な崖が急速に後退することから、現在の気候環境下では、エドマは極めて不安定になっていることが分かる。エドマ層の成因に関連して、レナ河デルタ・新シベリア諸島(大リャホフスキー島)、北極海沿岸(オイヤゴルスキーヤール)で、氷と凍土についての調査を1992年-1997年まで実施した。

 

179-1.gif

図-3 エドマの分布

 

地下氷には多数の気泡が含まれている。その例を写真-2に示す。縦筋構造が観察されまた、粘土が縦方向に混入している様子が見て取れる。さらに氷の中には、細長く延びた気泡があり、氷の体積の約10%を占めている。こうした地下氷の構造は、他の氷河氷とは大きく異なっている。この氷を薄片にして結晶構造を分析したところ、縦方向の構造は、細かい結晶とその間の比較的大粒の結晶とが順番に配列していることが分かった。また大粒の氷結晶のC軸方位は、まったくのランダムで、これも氷河氷とは異なった特徴である。

 

179-2.jpg

写真-2 エドマ氷

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
124位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
102,107

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から