日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


海氷が形成される地域であるため、海底面の温度は-1.8℃と低温であり、短期的には融解しにくいためである。こうした永久凍土の分布も、最終氷期には現在とは異なった分布であった。北米には、現在の南極氷床に等しいローレンタイド氷床が発達し、またヨーロッパから西シベリアにはやはりフェニスカンジナビア氷床が発達していた。厚さが2000mを超える氷床下では、地盤は凍結せず、従って永久凍土は形成発達しなかった。またあまりの寒冷さ故に、植生が地表を覆うことがなく、極地砂漠となっていた地域もあった。

北極と比べて、南極氷床は氷期―後氷期での変動でも、その規模はあまり変化しなかった。こうした南北両極での、氷河・氷床と永久凍土の分布変動を表-1にまとめる。現在は、北極では永久凍土が大半を占めるが、過去には東シベリアを除いて、北極でも、氷河・氷床が全体を覆っていたことが分かる。

 

表-1 南北両極の氷河・氷床と永久凍土の分布

177-1.gif

 

こうした最終氷期の古環境が、現在のシベリア永久凍土の分布に影響している。図-2は現在のシベリア永久凍土の分布図であるが、一見して東西の分布に偏りがあることに気がつく。東西シベリアを分かっているのはエニセイ河であるが、ちょうどそこを境として、東シベリアでは南限はロシア国境を越え、中国東北部やモンゴル北部にまで達する。一方、西シベリアではオビ河流域では北緯70度近くまででようやく永久凍土が出現する。次に具体的に地点をあげて比較してみる。東シベリアのチタ(北緯52度)は年平均-2.6℃であるが、永久凍土の厚さは約100mである。同じ年平均気温であるスルグールドは北緯60度近くにありながら、永久凍土は存在しない。すなわちこうした東西の永久凍土の分布の偏りは現在の気候条件だけでは説明することが難しい。これは前述の最終氷期の氷河・氷床の影響が残っているからである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
102,566

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から