日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


この整理を進めるにあたって、以下の手順で研究をすすめた。

a. 現在の四要素の相互作用を整理する

b. 地球史上の現象、事件、成分、活動などの事項を抽出する

c. 抽出された事項からキーワードの選択

d. キーワードに基づく相互作用の「進化」として整理する

e. 全体として体系化をはかり、まとめとする。

 

アプローチ2

野外調査に基づく現場検証が第二のアプローチである。自然史学は実物主義である。実物に触れる感触やその体験や今までの経験から導かれるイメージが自然史学の重要なモティベーションとなっている。市民に実物を直接触ることや自然を直接見せることは強烈な印象を与えることしいては自然へのいざないとなる。伝える側も地球史における重大事件の起きた現場を見て実感するも不可欠である。現場感覚あるいは実物の実感、質感は、上記の事項やキーワードを整理する上で重要となる。

 

IV 研究成果

年次ごとに進めてきた、研究成果を、戦略で述べた2つのアプローチでまとめる。

 

IV-1 アプローチ1

キーワードの抽出方法とその提示法の考案(1年目:1998年)

地球史における重要な現象、事件、成分、活動などの事項を抽出した(付表1)。抽出した事項を整理するために、地球の生い立ちと冥王代(45億5000万〜38億年前)の地球の姿に関する研究動向を総括から、その方法を考えた(付図2)。

時代ごとのキーワードの抽出(2年目:1999年)

地球史を概観し(付図3)、抽出した事項を時代ごとに区分して、階層と要素に分けて区分した(付表2〜5)。

キーワードに基づく相互作用の進化の整理(3年目:2000年)

地球史の時代区分ごとに関わるキーワードに着目して、相互作用の進化を整理した(付図4)。さらに、時代にかかわらず存在する普遍的キーワードをまとめた(付図5)

 

IV-2 アプローチ2

現場検証をおこなった目的とその場所(付図6)とその景観(付図7)をまとめる。

 

1998年

○最古の生命化石産地の地質調査

オーストラリア、西オーストラリア州ピルバラ地域(9月29日〜10月10日)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
123位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
101,909

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から