日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

ロリンマゼール指揮バイエルン放送交響楽団演奏会プログラム

 事業名 演奏会の開催
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


015-1.gif

 

ハンナ・チャン

チェリスト

ハンナ・チャンは1982年韓国に生れ、3歳でピアノを、6歳でチェロを始める。そのぬき出た音楽的天分により、国際的な評価をすでに獲得している。

偉大なチェリストの面前で演奏したいと願って出場した第5回ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール(1994年にパリで開催)において、ロストロポーヴィッチをはじめとする審査員10名全員一致で優勝を飾り、併せて現代音楽賞も受賞した。その後、1995年にシノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレとの共演で母国ソウルにデビュー。1996年にはデュトワ指揮モントリオール響とカーネギー・デビューを果たした。

その後もロストロポーヴィチ指揮ロンドン交響楽団、小澤指揮ボストン交響楽団、デュトワ指揮フィラデルフィア管弦楽団並びにニューヨーク管弦楽団、ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団並びにパリ管弦楽団、ズビン・メーター指揮イスラエルフィル、ベルリンフィル定期演奏会等、多くの著名指揮者、オーケストラとの共演も相次いで行っている。

1999年には、器楽奏者にとって最も名誉ある賞の一つ、イタリアのキジアーナ音楽賞の国際賞に指名された。

また室内楽の分野においてもマイスキー、クレーメル、シトコヴェツキー等の一流アーティストと共演する機会に恵まれている。録音もEMIとの専属契約を結び、ロストロポーヴィチ率いるロンドン交響楽団とサン=サーンスの協奏曲でデビュー、続いてシノーポリ率いるドレスデン・シュターツカペレとハイドンの協奏曲もリリースしている。

近年は、ジュリアード音楽院に学びながら、ロストロポーヴィチ、マイスキーの両雄に教えを受けた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,820位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
4,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から