日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

ロリンマゼール指揮バイエルン放送交響楽団演奏会プログラム

 事業名 演奏会の開催
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


013-1.gif

 

樫本大進

ヴァイオリニスト

1979年ロンドンに生まれる。3歳でヴァイオリンを始め、7歳でジュリアード音楽院プレカレッジに入学。その後、名教師のザハール・ブロンに招かれドイツのリューベックに留学し、ギムナジウム高校課程を修了後、リューベック音楽院に入学。現在は、フライブルク音楽院に在学している。

樫本大進は、既に数々の国際コンクールでの優勝をはじめとして様々な権威ある賞を受賞している。1990年第4回バッハ・ジュニア音楽コンクール第1位、1991年ヴィエニャフスキー国際ヴァイオリン・コンクール(ジュニア部門)第3位、同時にポーランド文化大臣賞、ヴィエニャフスキー最優秀演奏賞も受賞。1993年メニューヒン国際ヴァイオリン・コンクール第1位(最年少参加)、同年ドイツにてシュタイゲンベルガー賞及びダヴィドフ賞受賞。1996年にはフリッツ・クライスラー国際音楽コンクール、ロン=ティボー国際音楽コンクールで優勝している。

コンサート活動では、欧州各地でのリサイタルのほか、バシュメット指揮モスクワ・ソロイスツ、メニューヒン指揮イングリッシュ・シンフォニー、スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団、ヤンソンス指揮サンクトペテルブルク・フィル、小澤征爾指揮ボストン交響楽団、マゼール指揮バイエルン放送交響楽団、ヴァーレク指揮チェコ・フィルをはじめとする世界の巨匠と共演を果たしている。

このような活動は日本でも高く評価され、1995年アリオン音楽賞、1997年出光音楽賞、モービル音楽賞、1998年新日鉄音楽賞フレッシュアーチスト賞、文化庁より平成9年度芸術選奨文部大臣新人賞を受賞している。

現在、日本音楽財団より貸与されている1722年製ストラディヴァリ「ジュピター」を使用している。

レコーディングは、ソニー・クラシカル・ニューヨークと全世界レコーディング契約を結び、日本では昨年秋20歳記念リサイタルの模様をライブ収録したデビューアルバムがリリースされ、好評を得ている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,836位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
4,649

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から