日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

ロリンマゼール指揮バイエルン放送交響楽団演奏会プログラム

 事業名 演奏会の開催
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


011-1.gif

 

バイエルン放送交響楽団

1949年7月1日、オイゲン・ヨッフムがバイエルン放送交響楽団の首席指揮者に選出され、彼の手によっていわゆる「ソリストによるオーケストラ」が築き上げられた。その結果このオーケストラは、またたく間に古典派とロマン派の両分野で国際的な名声を獲得することになった。このオーケストラは、今日に至るまで二つの柱に基づいて活動している。一つは、首席指揮者と一流の客演指揮者による定期演奏会であり、もう一つはカール・アマデウス・ハルトマンが創始した「ムジカ・ヴィーヴァ」である。その活動を通して、長年コンサート・プログラムから排除されてきた現代音楽が、主に作曲者自身の指揮によって演奏され、イゴール・ストラヴィンスキー、ダリウス・ミヨー、そしてパウル・ヒンデミットが自らオーケストラの指揮台に立った。リヒャルト・シュトラウスも、このオーケストラを指揮した作曲家の一人である。

オイゲン・ヨッフムは、首席指揮者を11年間務めた後ミュンヘンを去り、後任者としてラファエル・クーベリックが1979年までの18年間首席指揮者のポストに君臨した。彼は最初のマーラー・チクルスを指揮し、その演奏はレコード化されている。クーベリックは20世紀の作品にとりわけ重点を置き、スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェクなどのスラブ系の作曲家の作品も積極的に取り入れ、オーケストラのレパートリーを広げた。

1983年にサー・コリン・デイヴィスが新しい首席指揮者に任命された。イギリス出身のデイヴィスは、ウィーン古典派とエクトル・ベルリオーズの作品、そしてイギリスの比較的新しい作品を積極的に取入れ、オーケストラと共に新しいレパートリーを開拓した。

1993年より、ロリン・マゼールがバイエルン放送交響楽団の首席指揮者を務めている。マゼール就任後、当オーケストラはミュンヘンを中心にヨーロッパ内のほとんどの国々をはじめ、南アメリカ、中国、日本、そしてアメリカにも及ぶ演奏活動を行っている。

当初からバイエルン放送交響楽団は、偉大な指揮者たちを客演に迎えてきた。レナード・バーンスタインも頻繁に客演し、1990年に他界するまでこの楽団を定期的に指揮した。リッカルド・ムーティ、カルロス・クライバー、クラウディオ・アバド、小澤征爾、ズービン・メータ、ジョージ・ショルティ、ベルナルト・ハイティンク、ヴォルフガング・サヴァリッシュらが客演指揮者としてこのオーケストラを指揮している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,836位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
4,649

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から