日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

ロリンマゼール指揮バイエルン放送交響楽団演奏会プログラム

 事業名 演奏会の開催
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


PROGRAM NOTES

 

グリンカ: 歌劇「ルスランとリュドミラノ」序曲

オペラ「ルスランとリュドミュラ」は、ロシア人作曲家グリンカ(1804-1857)の代表作の一つであり、筋書きも音楽もロシアの民俗的な題材によるものである。オペラとして上演されるよりも、陽気で明るいこの序曲のみが単独に演奏されることの方が多い。軽快で華麗な曲想と、よどみなく流れる旋律がこの曲の特徴である。

 

チャイコフスキー: ロココ風の主題による変奏曲 作品33

ロシア人作曲家チャイコフスキー(1840-1893)のこの曲は、チェロの演奏技巧を十分に発揮し、変化に富ぶ曲である。ロココ風とは、フランス・ブルボン王朝のルイ14・15世時代(17世紀中頃から18世紀中頃)の建築や家具の装飾意匠で、貝殻模様や唐草模様の優美な曲線を誇張した様式のこと。この曲も、当時の優美な宮廷雰囲気を表現していると言えるであろう。

 

ラヴェル: チガーヌ

ラヴェル(1875-1937)は、フランスの現代音楽を代表する作曲家のひとりとして知られている。チガーヌとはフランス語でジプシーのこと。この曲はヴァイオリンの技巧を十分に生かした作品で、オーケストラは小さな2管編成。さまざまな高度技巧が織り込まれているこの曲は、ヴァイオリンの名演奏家たちに好まれ、頻繁に演奏されている。

 

モーツアルト: 交響曲第39番 変ホ長調 作品543

モーツアルト(1756-1791)が作曲した「第39番」から「第41番」までの3大交響曲は、モーツアルトの最大傑作といわれている。この3つの交響曲は1788年の夏に1ヶ月半ほどの期間に書きあげられた。リヒャルト・ワグナーは「モーツアルトはこれらの交響曲によって、楽器のもつ“歌う”という表現の可能性を頂点まで高めた」と評したという。クラリネットを軸にする管楽器の扱いもみごとである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,820位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
4,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から