日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル

 事業名 音楽国際交流基金等
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


009-1.gif

 

加藤知子

(ヴァイオリニスト)

 

4歳よりヴァイオリンをはじめ、三瓶詠子、故久保田良作、江藤俊哉の各氏に師事。第47回日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位、レウカディア賞受賞。翌1979年、海外派遣コンクールで特別賞を受賞し、米国のニューイングランド音楽院へ留学。ドロシー・ディレイやローレンス・レッサーに師事。1980年に桐朋学園大学卒業後、タングルウッド音楽祭に参加し、メイヤー賞を受賞。アスペン、ヘルシンキ、ライプチヒ室内楽音楽祭等数々の国際音楽祭に出演。マルボロ音楽祭では1983-84年にわたりルドルフ・ゼルキンらの指導を受けた。1981年9月から文化庁派遣研修員として、2年間ジュリアード音楽院に留学。サミュエル・ローズやロバート・マンらに師事。1982年、第7回チャイコフスキー国際コンクール第2位を受賞。

1983年に帰国し、東京文化会館でデビュー・リサイタルを行う。以後、国内はもとよりアメリカ、ヨーロッパ、南米、韓国、中国、モスクワなど各地でオーケストラとの共演やリサイタル・ツアーを精力的に行う。1993年にはアルゲリッチ、マイスキーらとの共演も高く評価された。1995年サントリーホール大ホールでのリサイタルは、「持ち前の美音と大らかな音楽的解釈で、客席を埋め尽くした聴衆にヴァイオリンを弾く喜びを伝えることに成功した」と絶賛され、また1996年クリヴィヌ指揮リオン管弦楽団との共演は「特にスケルッオやアンダンテ楽章での熱い情感を込めた歌は、聴き応え十分であった」と絶賛された。

ソロ活動のほかに、室内楽リリア・アンサンブルの中枢として活躍。またアンサンブル神奈川、ATMアンサンブルなどの室内楽も恒常的に行い、若手演奏家を音楽界に精力的に送り出している。NHK-TV、FM番組にも出演している。

今シーズンは、関西フィルハーモニー、東京都交響楽団、札幌交響楽団、神奈川フィルハーモニー、サンクトペテルブルク交響楽団との共演が予定されている。また、4月にはバッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータのCDをリリースし、高く評価されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,218位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
8,687

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.東京クワルテット 京都の夕べ
2.平成12年度「全国生涯エアロビック教室」報告資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から