日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル

 事業名 音楽国際交流基金等
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


007-1.gif

 

パベル・バーマン

(ヴァイオリニスト)

 

パベル・バーマンは1970年にモスクワに生まれ、4歳半でヴァイオリンを始める。7歳という若さでロシア最高の音楽学校といわれるモスクワ音楽院中央音楽学校に入学。その後、チャイコフスキー音楽院へ進学。17歳でヴィヴァルディのヴァイオリン・コンチェルトをゴーキー管弦楽団と共演し、デビューを果たす。その後、ソヴィエト連邦各地にて広いレパートリーを披露した。同年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール(1987年)にて第2位を受賞。

1990年にはインディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールにて第1位、金メダルを獲得。同コンクールの審査員や観客らからバーマンの音楽性、高度な演奏技術、洗練された演奏スタイルを評価され、パガニーニ・カプリス及びイザイ・ソナタの最優秀演奏者に与えられる特別賞を併せて受賞。

世界各国の主要なコンサートホールにて国際的に著名なオーケストラとの共演やリサイタルなど演奏活動を行う一方、1992-93年にはジュリアード音楽院にて世界的に著名なドロシー・ディレイ教授に師事。NY在住中のアイザック・スターン巨匠との出会いも、バーマンの音楽に大きな影響を与えた。

しかし、何といってもバーマンの音楽性は、伝説的なロシアの著名ピアニストである父親ラザー・バーマンから最も影響を受け、今でも父子でしばしば共演し、各地にて絶賛を浴びている。

ヨーロッパ、アジア、米国各地でのソロ演奏活動に加え、ローマやミラノの国際室内音楽祭の企画を手掛け、マルボロ音楽祭にもデーヴィット・ソイヤー、今井信子、ブルノ・カニノ、アンドラ・スチフ他著名音楽家と共に参加している。1997年12月にリトアニア共和国のバルティック・バーチュオーゾ室内オーケストラの首席音楽監督に任命され、バーマンのキャリアは大きな転機を迎えた。今シーズンには、パガニーニの24のカプリスを作曲家グドリウス・クプレヴィスが一曲のオーケストラ曲に編曲したものを同オーケストラと世界初演する。この曲は、作曲家よりバーマンへ捧げられている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,218位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
8,687

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.東京クワルテット 京都の夕べ
2.平成12年度「全国生涯エアロビック教室」報告資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から