日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


第三部門 「特定分野の功績」 4件

 

・日本(人)が関係する事柄で、社会と人々の安寧と幸福のために尽くされた外国箱の方の功績(国際協力賞)

・自ら積極的に社会や他人のために尽くしている若者の功績(21世紀若者賞)

 

(国際協力賞)

 

YOD DUANG PORN(ヨー ドゥアンポーン)3号乗組員(9名)

代表 チャオーン・チャルーンポン

(船長 タイ王国)

 

1999年11月、タイ国の漁船「YOD DUANG PORN 3」号は、海賊に襲撃され、プーケット島沖を救命筏で漂流していたアロンドラ・レインボー号の乗組員17名を救助した。11日間の漂流で、救命筏には食糧がほとんど残っていなかった。

1999年11月8日午後2時頃、タイ国サトゥーン県の漁船「YOD DUANG PORN 3」号のチャオーン・チャルーンポン船長と乗員8名は、プーケット島沖で漁を行いプーケット港に向かう途中で、救命筏で漂流しながら助けを求める人影を発見した。チャルーンポン船長は人々を同船に収容し、船中にて水と食ベ物を与え、プーケット島まで連れて行き水上警察に保護を求めた。

救命筏に乗っていたのは、アロンドラ・レインボー号の池野功船長、小川洋一機関長ほかフィリピン人クルー15人の計17人であった。同船はアルミニウム・インゴットを積み、10月23日にインドネシア・クアラタンジュン港から福岡県の三池港に向けて出港したのち行方不明となり、海賊により襲撃されたものと考えられていた。

池野船長はじめアロンドラ・レインボー号の乗組員は、23日午後10時30分頃に海賊に襲われた後、別の小型貨物船に移されていたが、10月29日未明、海賊により救命筏に乗せられ、どこかもわからない海の真っ只中に放された。池野船長たちには、わずかの食糧と水しか与えられず、発見された時には、救命筏に備え付けのものを含め、食糧の残りはほとんどなかった。

11月8日に「YOD DUANG PORN 3」号に発見されるまでの間、救命筏の近くを通過した船舶は幾つかあったが、この海域では漂流民を装って助けにきた漁船を襲う海賊もいることもあり、同船のほかは、救助してくれる者はなかった。「YOD DUANG PORN 3」号乗組員は、救出した池野船長たちに温かい食事と水、薬を与えるなど、細かく配慮した。11日間の漂流は、乗組員にとって体力的にも精神的にも限界に近く、チャルーンポン船長らに救出されなければ、17人の生命は失われていた可能性が強かった。

(事務局 推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から