日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


中島昭光(なかじまあきみつ)

(昭15.7.27生 兵庫県神戸市)

 

昭和58年以来、フィリピンの恵まれない家庭の子どもたちなどのために、学費援助、物資援助、生活支援などを行い、また、校舎の寄贈などを行ってこられた。毎年数回現地を訪れて、野鳥保護・音楽交流・星座観察会等の心の交流活動を織り込んで実行されている。

1988年、CCWA(キリスト教児童福祉協会)の援助対象から外れている恵まれない家庭の子供たちを支援するため、氏が中心となって“PIPI”(比日交流の会)を設立。現在、主に(イ)マニラのスラム街の子供達、(ロ)ロハス通りのホームレスの子供達、(ハ)エルミタ地区のストリートチルドレンに対して、学費援助・学用品/衣料その他の物資援助を続けている。

また、1991年“PIPI”の中にANAK'S PROJECTを立ち上げ、ピナヅボ火山噴火の被災地やその後の自然災害の被災地で、(イ)車輌を提供して乗り合い自動車の運転手をさせる、(ロ)雑貨屋、養豚業、魚の養殖業などの開業資金を提供する、(ハ)非衛生地区への水道/ポンプの設置・無灯家庭への電気の導入を行うなど、生活に密着した支援を行っている。

さらに比国を訪れるたびに、支援受入センター・教会・小学校/高校/大学を訪ね意見交換し、必要に応じて5,000〜10,000円/1ヶ所程度の寄付を行っており、1989年にはバギオ地区で就学できない児童に校舎を増築寄贈した。現在、2001年小規模学校開講に向けて準備をしている。

“PIPI”での活動の他、東京の作家や有志と共に「日比友好奨学基金」を設立し、太平洋戦争中に激しい戦闘が行われたバダンガス地区で、1992年からhigh schoolの学生(累計25人)に対し奨学金を支給している。卒業後さらに、collegeへの進学資金が必要な場合は“PIPI”で支援している。

これらの活動のために最近では年に4回訪比、1回20日ぐらい滞在することが多いが、高速船のアフターサービスという時間的に不規則な仕事を持っての活動だけに、スケジュール調整が困難を極めている。また氏は自分の生活費を節約して援助・活動資金としており、氏個人が負担した金額は累計で2,600万円となる。

一活動継続にとって資金問題が大きな課題となってきているので、この活動に賛同して資金援助される方を増やすことも重要な活動となっている。更に、この17年間、毎日4時間を活動の計画・取り纏め・手紙書きに費やしており、辛いがこれがこの活動の柱を作り上げたと確信している。

((社)日本造船工業会 推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から