日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


渋谷吉尾(しぶやよしお)

(明43.12.7生 北海道寿都郡黒松内(すっつぐんくろまつない)町)

 

北海道黒松内町で「引き揚げて以来、世話になった町への恩返し」として、約20年間にわたり雪国の生活に欠かせないカンジキを作り、町の世帯を中心に、無償配布してこられた。配布したカンジキはおよそ4,000足に上る。

渋谷さんは戦後間もなく樺太から引き揚げ、生まれ故郷である黒松内町の赤井川に入植した。70歳を境に畑仕事を控えるようになったが、そんなある日、近所の軒先で古いカンジキを見かけた。その家のひとに聞いてみると、作られてから百年以上経ち、誰が作ったかもわからない、とのことだった。直しながら使っているというそのカンジキを付けてみると、あんばいがよかった。そこで工夫を加えて新しく作り直してあげたところ、その評判がよく、作ってほしいという声が近所から上がった。「引き揚げて以来、世話になったこの町のために何か恩返しをしたい」と思っていた渋谷さんは、カンジキを作って町の人たちに配ることを始めた。

黒松内町は人口約3,600人で、四方を山で囲まれ、冬は積雪1メートル以上になる豪雪地帯にある。国の天然記念物であるブナ林があり、かつては、冬山に入り枝払い等をしてマキを山から出す「木出し」のときには、カンジキは必需品であり、いわば冬の生活の一部であった。昔と比較すれば除雪が楽になった現在でも、カンジキは山がちの雪国の生活に無くてはならない履物である。

カンジキの材料には桑の木を用いる。まっすぐな幹を切り、割って角材を作る。蒸気で蒸してU字型に曲げ、2つを組み合わせて楕円形にし、耐久性のある針金で止める。歩きやすいように爪先になる部分をパイプで曲げる。これらの約10行程を経て作られる「渋谷式カンジキ」は、この20年間に少しずつ改良を加えられたユニークなものである。履くひとの足の大きさを考慮して4つのサイズがあるカンジキは、全て渋谷さん一人の手によるもので、週に3〜4足しかできないが、黒松内町の全世帯1,500軒の約三分の二に無償で配り続けられている。

今年で90歳になるが、「黒松内のカンジキ爺さん」として、全道各地で年に何回かの講演を行い、残りの日はカンジキ作りに精を出す毎日である。この20年間に作ってきたカンジキは、およそ4,000足で、今ではこのカンジキを求めて全国からの手紙が舞い込んできている。またカンジキだけでなく、わらじ、米びつなどのかつての生活用具を復元制作も行っている。

町では渋谷さんの気持ちに応え、若い人たちがカンジキを使ってのソフトボール大会を始めた。「渋谷吉尾杯」と冠され、今では全国からチームが集まり、町の冬の大イベントとなっている。

(武田仁 推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から