日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


原田アキ子(はらだあきこ)

(昭14.11.16生 熊本県熊本市)

 

昭和52年以来、熊本県内の待労院(たいろういん)診療所において、親きょうだい同様の親身さでハンセン病患者の療養に、生活の向上に、家族や一般社会との懸け橋となって、献身的に尽くされている。

昭和52年、待労院に勤務することになった。ハンセン病患者との初めての出会いであった。「同じ人間です。」とのフランス人看護婦のことば。最初から皆に受け入れてもらったことが今でも印象に残っている。

以下、回想風に功績を記す。

入所者ひとりひとりが自分のことは自分でし、働き、助け合う、大きな家族のような生活がそこにあった。それまでの病院、診療所等の勤務とは違い、「母として、姉妹として、家族として、友として、」…、看護婦としての大きな転換の時であり、新しい章の一頁が開かれた。

30余名の入所者に対し総員3名の看護婦、文字通りフル回転の毎日であった。「よく走っていたね」と、当時を知る医師はいまだに語る。忙しかったけれど、仕事上の苦しみは気にならなかった。衛生材料も洗って再利用しなければならず、不足のためのトラブルも少なくなかった。寝具類は仕立て直して繰り返し使用、食べ物も作業として野菜作り、山菜採り、貝拾いと、あらゆる手段を講じ補った。貧しかったが、生きていく上で何が大切かを教えられ、自分の子どもたちにも伝えられたと思う。

代筆を頼まれ、その人の気持ちになって、その人に成り代わって手紙を書くとき、自分も相手を信頼し、相手も自分を信頼してくれる関係を感じる。いつの頃からか、入所者が自分の家族のことや、昔の家庭でのこと、結婚のことなども話すようになった。社会も変わり、長いトンネルを抜け出し、明かりが見えてきた喜びを感じる。

「感謝するばかり、すべてが順調だった。」と語るが、当時のハンセン病に対する社会の目、看護婦の定員を集めるのさえ困難だった待労院の歴史がある。入所者一人一人に明るく献身的に接する彼女の姿には、常に入所者の小さな灯としてすごした23年、共に歩みつづけた看護婦としての喜びがある。

((財)藤楓協会 推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から