日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々?平成12年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


故.中川尋史(なかがわひろふみ)

(当時47歳 茨城県取手市)

故.門屋義廣(かどやよしひろ)

(当時48歳 埼玉県所沢市)

 

平成11年11月22日、航空自衛隊ジェット練習機による飛行訓練を終えて埼玉県入間基地に向けて帰投中、機にトラブルが発生し、振動、発煙、急激な高度低下が起こった。両氏は、安全に脱出する機会があったにも拘わらず、機の墜落による民家や公共施設への被害を最小限に食い止めるため、比較的安全と考えられる河川敷上空まで操縦を継続された。この結果、安全に脱出できる高度以下となり、機から脱出されたものの、惜しくも殉職された。

平成11年11月22日午後1時2分入間基地を離陸した航空自衛隊T33A型ジェット練習機は訓練を終えて帰路に就いていたが、同1時38分、管制塔に対し「マイナー(軽い)トラブル」と通報した後、更に、同1時39分、振動、オイル臭等を通報。管制塔からの照会に対し「コックピットスモーク」と応答。続いて、緊急状態を宣言。管制塔からの「緊急状態の理由」の照会に、再度「コックピットスモーク」と応答。その後、周辺の民家等を避けつつ飛行を継続し、管制塔からの着陸許可、脚下げ確認の応答を行ったあと、同1時42分14秒「ベイルアウト(緊急脱出)」と通報、同1時42分27秒「ベイルアウト」と再度の通報を最後に、機が送電線のグラウンドワイヤー(接地線)に接触する直前(後席)・直後(前席)に緊急脱出したが、既に、安全に脱出出来る高度以下となっており、惜しくも殉職された。機は、埼玉県狭山市柏原の入間川河川敷にある狭山リバーサイドゴルフ場コース内に墜落炎上した。

この事故により、送電線を切断し停電等の被害は生じたものの、両氏の適切かつ必死の決断により、民家の火災や人身への被害は無かった。

○両氏とも、飛行時間5千時間を超える大ベテランであった。

○墜落現場の河川敷の北側には、狭山ニユータウンの住宅地が広がっている。

(事務局 推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,592位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
2,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から