日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

被害者支援都民センター「センターニュース」創刊号

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


第1回「被害者支援セミナー」を開催

 

(社)被害者支援都民センター主催の「被害者支援セミナー」が梅雨の晴れ間の七月二日(日曜日)の午後に開催されました。当初四十人の定員で、当センターの研修室で行う予定でしたが、被害者支援に対する関心の高さでしょう、申し込みが定員を大きく上回ったため、会場を区の施設に移して九十名の聴講生参加のもとに行われました。

セミナーは、当センター青木俊一専務理事の開会挨拶で始まり、江幡玲子、穴田富美子両コーディネーターによるオリエンテーション、続いて当センター副理事長の山上皓 東京医科歯科大学教授が「社会による被害者支援〜歴史と現状と課題〜」と題して「英米の被害者支援の歴史について述べられ、その中で、英米では早い段階から支援組織が自然な形で被害者に接し、幅の広い援助活動が出来る優れたシステムが確立されている。また直接支援には警察との密接な協力関係が必要不可欠である。さらには、日本における支援制度の問題点、ボランティアの必要性」などについて講演されました。

次に、地下鉄サリン事件遺族の高橋シズエさんが、「被害者遺族の立場から〜突然、被害者となって〜」と題する講演を行い、シーンと静まりかえったなか、涙しながらメモを取る聴講生も見られました。

講演の最後は、精神科医の高橋紳吾 東邦大学助教授が「被害に遭うと言うこと〜被害者の心〜」と題し、実例をあげながら「ボランティアとは人を救うことを通じて自分たちが救われることである、被害者支援の問題は、これから実績を積み上げてアメリカ、イギリスに負けないような組織を作っていかなければならない」と結ばれました。

最後のプログラムのシンポジウムでは、被害者である高橋シズエさんにいくつかの質問が出るなど、時間いっぱいまで熱のこもったセミナーが行われました。

二回目のセミナーは七月十五日(土)、三回目は七月二十九日(土)同じ場所で開催致しました。

 

006-1.jpg

 

006-2.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,259位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
7,406

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.被害者支援都民センター「センターニュース」第2号
2.被害者支援都民センター「センターニュース」第3号
3.大阪被害者相談室「支援活動の飛躍の年に」活動報告?X
4.大阪被害者相談室「Just in Case こんなときに・・・」パンフレット
5.「犯罪被害者支援センターみやぎ−事業のご案内−」パンフレット
6.「犯罪被害者支援センターみやぎ−相談のご案内−」リーフレット
7.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第1号
8.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第2号
9.犯罪被害者支援センター「かけはし」第3号
10.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.2
11.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.3
12.福岡犯罪被害者支援センター「犯罪被害でお悩みの方へ」パンフレット
13.介護保険制度における苦情処理体制等の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から