日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海上保安国際紛争事例の研究 第2号

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


3 このような状況のもとでは、わが国としても、比較的最近に諸国が関係した類似の紛争事例について、海洋法条約と国内法令の解釈・適用ぶりを比較検討することが必要となります。そのさい、最近の海洋紛争は、同条約の文言上から直ちに結論が出せるものは少なく、むしろ各条文の隙問をぬって展開される主張が目立つことに、注意する必要があります。こうした問題に対処するには、個別分野では補完のための実施協定が作成されたとはいえ、海洋法条約そのものの改正を口にするのは早計であり、むしろその目的・趣旨を効果的に実現するための柔軟な解釈方法を用いて、条約規定の内容を具体化し豊かなものにする、といった工夫も必要になります。

 

4 当委員会は、このような観点から、国際法、刑事法、行政法、海上警察法を専門とする学者側委員と海上保安庁の専門部局側委員をもって構成され、年間8回にわたる研究会を開催いたしました。毎回、学者側委員が1名ずつ担当する基本項目について報告と問題提起を行い、全委員で理論上、実務上の論点を討議しました。このような検討を経たのちに各学者側委員が分担項目についてその成果をまとめたものが、この報告書に掲載する下記の諸論稿であります。

 

5 当研究会が、第二年度でこのように当初の調査研究計画を充実させ促進することができたのは、海上保安庁の各関係部局をはじめ、財団法人海上保安協会の皆さんから多大のご支援とご協力を得た結果であります。ここに委員一同に代わり、改めて厚く御礼申し上げます。

 

平成13年3月

 

海洋法調査研究委員会

委員長 山本草二

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
455位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
22,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.ISO/TC184/SC4生産応用データ及び言語分科委員会STEP/船用AP作業委員会AP215ワークショップチャールストン会議報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から