日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


pHが7以上のときは、この結石は尿素分解菌(変形菌など)によってできた燐酸マグネシウム・アンモニウム結石のことがよくあります。結石溶解のためにクエン酸の入った液(ソリューションG液)を就寝前に約80〜100ml膀胱内に注入し、1-2時間カテーテルに栓をして膀胱内に液を溜めておくと、結石が溶解するとともに、結石の付着がなくなり、患者さんのバルーン交換時の苦痛が軽減されることが多いでしょう。さらに、尿を酸性にするために、クランベリージュースやビタミンCの原末3gを服用させます。変形菌などの尿素を分解する殺菌が尿中に認められたときは、3日間有効な抗菌剤を内服させることもあります。

 

9] 間歇的導尿法とはどのような方法なのですか。また、その適用となる病気について教えてください

間歇的導尿には無菌的間歇的導尿*と清潔的間歇的導尿とに分けられます。さらに後者は自己導尿と介護者による導尿とに分けられます。間歇的導尿の本来の目的は、膀胱圧が高く残尿が多い患者の腎機能障害を防止し、尿路感染を予防すること、膀胱の伸展と収縮を繰り返すことにより膀胱機能を回復させる訓練法として用いられてきました。しかし最近、尿失禁の防止対策としても注目されるようになってきました。

尿失禁対策としての間歇的導尿は、現在、神経因性膀胱障害のある女性に広く用いられていますが、老人の尿失禁対策として積極的に間歇的導尿を導入することで、優れた治療成績の報告を行っている地域病院も増えてきました。留置カテーテル法に比べ、カテーテルフリーとなるためQOLが高められること、尿路感染の頻度が低くなること、おむつ交換に比べ労力や時間が節約できるなどの利点がありますが、カテーテル挿入時の疼痛や尿道出血、定時に導尿が行えなかったときの尿路感染の危険性、導尿操作の煩雑さなどの欠点があります。清潔間歇導尿(Clean Intermittent Cathetersation : CIC)を行うためのカテーテルも発売されているので利用すると便利でしょう。

 

*無菌的間歇導尿とは脊髄損傷の回復期に行われる手技で、陰部の剃毛後、医師または看護婦により無菌的な操作でカテーテルが患者の膀胱に一定時間ごとに挿入され、尿が出される操作をいう。

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
598位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
16,577

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア
2.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
3.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から