日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


最近、わが国の一部の地域で、在宅高齢者の尿失禁対策として、患者または介護者による一日5〜6回の間歇導尿を行い、良好な成果が報告されています。おむつ交換に必要な労作と時間を考えると、一定時間ごとの導尿のほうが介護者にとっても楽ですし、お年寄りにとっても、おむつフリーとなり活動制限がなくなります。この方法は長所も多いのですが、一定時間の導尿を行わないと尿路感染を起こし、菌血症を起こす可能性があります。これらのことを理解した上で行うなら、将来、尿失禁対策としてのひとつの柱となる可能性があります。

 

5] ペニス・クレンメ、尿もれクレンメとはどのようなものですか

男性で痴呆がなく失禁量が多い患者さんには、ペニス・クレンメという失禁器具が発売されています。ペニスを上下方向に挟んで、尿もれを防止する装置です。陰茎の感覚が鈍っている人や痴呆のある人では、陰茎を強く締めすぎたために循環障害を起こし、陰茎が壊死に陥ることもあるので、用いないほうがよいでしょう。

この器具は、尿道の圧迫の程度がむずかしく、手先の不自由になったお年寄りには不適であり、私はこの器具の使用をあまり勧めていません。

女性の尿もれには腟内にシリコン製のバルーンを入れて、空気でバルーンを膨らませて尿道を圧迫し、尿もれを防ぐという方法があります。欧米ではさまざまの型の装置が発売されています。北欧では尿道に栓をして尿もれを防ぐ方法が行われています。しかし、わが国の女性では、尿道や腔内に異物を入れることを好まない女性が多いこと、異物挿入により膀胱炎や腟炎を起こす可能性が高いことなどから、あまり普及していないようです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
598位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
16,577

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア
2.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
3.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から