日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


在宅訪問看護をうけている人たちの尿もれの現状と対策

 

病院から在宅療養へと高齢者の病気の治療の場が移りつつあります。家族介護による老人疾患の対処は今後増加することは間違いありません。人生として残り少ない年月を意義ある有為な生活を過ごすことができるように対処しなければなりません(老人のQOL)。

老人の家庭介護の上で大きな問題の1つが尿、便の失禁です。在宅老人が施設入所する理由の1つに尿・便失禁が挙げられており(80%)、介護者の負担が大きいことをうかがわせます。

老人の失禁対策の1つはマンパワーなのです。十分な人手があれば、かつ経済的な余裕があれば理想的な介護ができるのですが、限られた予算の中で、限られた人数で介護の効率を上げるには、専門職(失禁アドバイザー等)の介入が必要となります。この1つに訪問看護ナースステーションの設立があります。尿もれについて専門的な知識をもった看護婦が主となってチームを作り、患者に適した治療を行うことができれば理想的です。

私たちのリハビリテーション病院での調査結果から脳血管障害のある患者の失禁対策で最も大切なことは、ADL(activity of daily living)の再獲得であり、尿失禁を防ぎ、また悪化させないためにはリハビリテーションが最もたいせつな要因であるという結果でした。

この事実から在宅訪問看護を受けている患者にとって「寝たきり状態」にさせないことが、尿・便失禁の治療につながることを強調したいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
598位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
16,577

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア
2.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
3.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から