日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

(小冊子)スピリチュアル・ペインと向かい合うケア

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


また、ある医学校では「精神的」と訳してみたそうです。患者さんに対して「身体的のみならず精神的配慮を」ということで、適訳だと思ったら精神科の先生からクレームがついたといいます。「精神科の専門領域とスピリチュアル・ケアとは範ちゅうが違う。混同されては困る」とのことですが、それは確かにそうだと思います。

では“スピリチュアル”とはいったい全体どういうことなのか。今回のテーマは「スピリチュアル・ペイン」ということでもありますし、まずはこの言葉の意味と背景について原点に立ち戻って確認しておきたいと思います。

 

“スピリチュアル”とは

 

スピリチュアルという言葉はキリスト教の神学用語だといいましたが、WHOの“健康”の再定義案をご覧になった方は「まてよ」と思われたかもしれません。原案には「宗教的な意味でスピリチュアルというのではない」と、わざわざ但し書がしてあるからです。

この但し書は、2つのことを意味していると思います。ひとつには、ある特定の教派や教義に片寄った解釈をしないということ。そしてもうひとつには、これがより根本的なことですが、“スピリチュアル”という用語はこうした但し書を添えざるを得ないくらい宗教的な概念だ、という事実です。

ですからキリスト教文化圏では常識的なことですが、日本のようにキリスト教の伝統が希薄なところでは「どうもピンとこない」ということになります。そこでこの言葉のルーツをさかのぼるためにも聖書に触れなければなりません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,815位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
5,493

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.(小冊子)これからの医療にPOSをどう活用するか
2.(小冊子)痴呆の世界?その理解とかかわりのために
3.(小冊子)最新改訂版 尿もれにどのように対処するか
4.(パンフレット)生活医学シリーズNo.130 わたしたちの家(ホーム)ピースハウス
5.月刊広報誌「教育医療」2000年4月
6.月刊広報誌「教育医療」2000年5月
7.月刊広報誌「教育医療」2000年6月
8.月刊広報誌「教育医療」2000年8月
9.月刊広報誌「教育医療」2000年9月
10.月刊広報誌「教育医療」2000年10月
11.月刊広報誌「教育医療」2000年11月
12.月刊広報誌「教育医療」2000年12月
13.月刊広報誌「教育医療」2001年1月
14.月刊広報誌「教育医療」2001年2月
15.月刊広報誌「教育医療」2001年3月
16.平成12年度海外医療事情調査報告書「北米の臨床医学とその研究ならびに医学プログラムの視察」
17.LPC国際フォーラム 早期退院患者ケアマネージメントに必要とされる技術とその教育
18.(小冊子)よい健康習慣は最大の財産サクセスクル・エイジングへの挑戦
19.ピースハウスふれんずNumber6(2000年9月号)
20.月刊広報誌「教育医療」2000年7月
21.みんなでとりくもう!里山の自然・文化・産業を結ぶ地域づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から