日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書

 事業名 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


資料2. JIS、ISOの活動

 

1. ISOの目的

国際標準化機構−ISO(International Organization for Standardization)は、製品やサービスの国際交流を容易にし、国際間の協力を助長するために、世界的な標準化及び関連活動の発展促進を目指している非政府間機構である。ISOの会員は、各国の最も代表的な1機関が加入し、1998年現在で130カ国が登録されている。日本では、日本工業標準化調査会(JISC)が1952年に閣議了解に基づき加入している。

 

2. ISOの組織

ISOの組織は、年1回開催される総会を軸に、理事会、技術管理評議会等の管理部門と、専門分野における審議を行う専門委員会−TC(Technical Committee)、その下に設置された分科委員会−SC(Sub Committee)、更に実際の作業を行う作業グループ−WG(Working Group)及び特設部会−Ad Hocから成る。

 

●ISOの組織

138-1.gif

 

図記号の分野においては、1972年に図記号標準化のための専門委員会(TC145 Graphical Symbols)が発足し、日本は1981年の国際会議から参加している。TC145は(SC1)一般案内用図記号、(SC2)安全認識、標識、図形、記号及び色彩、(SC3)操作用、の3分野に分類され、SC1は更に4つの作業グループで構成されている。

 

3. ISO/TC145/SC1の活動

1) SC1/WG1 案内用図記号の評価とテスト手続き

ISO9186(一般案内用図記号の制作と試験の手順)の改正作業を行っている。

2) SC1/WG2 案内用図記号の視覚デザイン基準

ISO/TR7239(一般案内用図記号を使用するための制作及び適用原則)の改正作業を行っている。規格のあり方も含めて問題も多いため現在その見直し作業が行われている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
391位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
25,618

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
2.公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
3.高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書
4.旅客船バリアフリー?設計マニュアル
5.海・沿岸域の総合的活用のための人づくりと組織づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から