日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書

 事業名 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


3.10 視認性調査のうちウェブ調査について

コンピュータで作成された画面資料を用いた試験の場合での視認性試験は、コンピュータの性能の程度によって評価が左右されることを配慮しなければならない<JIS S 0102-2000 消費者用警告図記号−試験の手順 解説2.3e>。結果的には、視認性のカーブが、やや低めながらほとんど同様に変化していることから、限界はあるが、傾向は読みとれると考え、参考資料として扱うこととした。

また、この方法は、用紙によるアンケートに代わり将来性を見据えた方法としてISO図記号委員会でも推奨しており、以下のメリットが期待できる。

・データ処理の即時化

・再入力が不要

・経費(郵送費、交通費等)の節減

・遠隔地からの同時回答が可能

・自主参加型調査が可能

次に、コンピュータの特性を記す。

1) 基本的な解像度

一般に、画面上で「紙の印刷」と同等の見え方を実現するには300ppi (pixel per inch)程度の解像度が必要とされるが、現在、最高レベルのモニターでも166ppiであり、紙の印刷物の画質には到底及ばない。

2) モニターの特性

モニターには、にじみ、明るさ、フォーカスなど、紙の印刷物に比べて不利に働く要素が多い。

3) 表示の大きさ

今回は、紙で8mm四方の図記号を32×32ピクセルで17インチモニターにSXGA (1280×1024ドット)の解像度で表示した場合、8.1mm四方となるよう設定した。従って、これより小さいモニター、または高解像度で見た場合は紙より小さく表示される。(今回の回答者は17インチ以上のモニター37%、15インチモニター60%であった)

4) 視距離

パソコン使用時の画面までの視距離が一般的に400〜600mm程度に対し、紙の場合は見やすい距離に随時調整したと思われるので、その点も不利に働く。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
389位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
26,172

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
2.公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
3.高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書
4.旅客船バリアフリー?設計マニュアル
5.海・沿岸域の総合的活用のための人づくりと組織づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から