日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書

 事業名 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


1.3 作業手順

原案作成作業は次の手順に依った。

1) 学識経験者によるコメント依頼

原案作成作業に入る前に、今後の開発を円滑に進めることを目的として、検討委員会案に対してデザイン学研究の立場から、「日本デザイン学会」にコメントを依頼した。

内容:検討委員会提示の候補図形案と表示事項に対する専門的、学術的な意見

:必要な項目のデザイン改善案

2) 図記号造形専門家の選出

専門家の推薦、制作及び制作監理等にあたっては、サインや図記号等の視覚表現を研究する国内の代表的な団体である「社団法人日本サインデザイン協会(以後、「SDA」という。)」に委嘱した。検討委員会では、SDAより提出された推薦者リストに基づき、平成12年2月15日に開催された検討委員会ワーキンググループで討議の結果、第1候補の中川憲造氏/NDCグラフィックスに作業を依頼することに決定した。

3) 図記号作成及び監理

作業を受託したSDAでは、特に次の点に留意して作成、監理業務に取り組んだ。

・視認性を確保するため、“ムダのない単純図形”の限界を探る。

・特に人物に“生き生きとした表情”を表現して、意味伝達力を高める。

・全体として、“現代的で洗練されたオリジナリティー”を表現する。

4) 検討委員会への成果物の提出

完成した成果物はSDAにより検討委員会ワーキンググループへ提出され、検討委員会本委員会の承認を得たものを図記号原案とした。

 

1.4 造形の特徴

検討委員会ワーキンググループの図材選定と監修のもとに、SDAと中川憲造氏/NDCグラフィックスにより造形された図記号の主な特徴を次に示す。

1) 無駄のない単純図形

・例:お手洗

ISO7001、アメリカ運輸省(AIGA)の図形との整合性を考慮し、単純な線で男性はより男性らしく、女性はより女性らしく表現した。

 

030-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
389位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
25,935

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
2.公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
3.高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書
4.旅客船バリアフリー?設計マニュアル
5.海・沿岸域の総合的活用のための人づくりと組織づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から