日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4・2・2 ケーブル布設材料の取付け

 

(1) 電路支持金物

電路支持金物はできるだけ船殻の骨材上に取付け、船体構造物の伸縮する部分を横切って布設することを避けなければならない。

電路を湾曲して取付ける場合には、折損や絶縁被覆の厚さの減少、割れなどを防止するため、布設するケーブルの外径の6倍以下(がい装鉛被ケーブルの場合は8倍以下*4)とならないように施工すること。

*4:船舶設備規程 第 251条

 

(2) 電線管

電線管の曲がりについても上記と同様に施工すること。

また、電線管の径は、ケーブルの熱放散と、管内布設時の損傷防止のために、余裕を持った大きさ(布設するケーブルの総断面積の2・5倍以上)のものを選定すること。

 

(3) 甲板及び隔壁の貫通

電線貫通金物の取付けは穴明けが伴うので、船体強度部材の強度を損なうことがないような位置とし、穴明けする穴の大きさは、取付ける金物の外径より2〜3mm程度大きくする。

また、A級防火仕切り*5に対してケーブルが貫通する場合には特に注意が必要である。

*5:貫通する隔壁又は甲板がどのクラスの防火仕切りとなるかを十分認識しておく必要がある。A級の場合にはA-0級、A-15級、A-30級、A-60級に区分され、数値が高いほど防火に対する要求が厳しくなることを示している。

(a) 防水区画の甲板及び隔壁のケーブル貫通

電線貫通金物、箱等を設けて甲板及び隔壁の強度、水密及び気密性を損なうおそれのない方法としなければならない。*6

したがって、電線貫通金物等の取付けは両面及び全面溶接を行い、その後、染色法や電線貫通金物に盲栓施工後に空気圧をかけて石けん水により漏れをチェックする。ケーブル貫通後はガスケット及びパテ等で防水処理を施すこと。

図4・21〜図4・23に取付け例を示す。

*6:船舶設備規程 第 252条

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
688位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
13,995

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から