日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・4 狭帯域直接印刷電信装置

2・4・1 狭帯域直接印刷電信システム

「狭帯域直接印刷電信(装置)」の名称はNarrow Band Direct Printの頭文字をとってNBDPと呼ばれている。NBDPの特性は無線通信規則の付録で定められているが、その中でNBDPの無線経路における変調速度についてFSK(Frequency Shift Keying) 方式で 100ボーと規定されている。この結果として送信波の占有周波数帯幅が 500Hz以下となることから、これ以外の帯域の広いものと区別して狭帯域と呼ばれている。

NBDPの技術的条件等については、製造メーカー、国籍を問わずNBDP通信を可能にするため国際的に無線通信規則の付録、国際電気通信連合(ITU)の無線通信部門のITU-Rの勧告及びIMOの総会決議により細かく定められている。NBDPは、通報の文字等が7単位符号としてSSB送信機を経て、結果的に周波数偏移±85HzのF1B電波として発射されることになる。FSKの場合、1,700Hzをサブキャリアとして-85Hz、+85Hzの信号をSSB送信機に入力することになるが、このとき低い方の周波数をマーク周波数(Y)、高い方の周波数をスペース周波数(B)として決めている。つまり、マーク、スペースはデジタル信号1、0に相当するものになる。

デジタル信号を伝送する場合、最終的な受信点までの間に種々の原因により、1が0又は0が1として誤って伝わることがある。しかし、受信側ではその信号が正しく伝わってきたものかどうかは判断できないためあらかじめ伝送する信号の中に、受信側で誤りを検出できるような符号化を行い、受信側でその信号が一定の要件を満たしていなければ、信号のいずれかのビットに誤りがあることが分るようにしている。すなわちNBDPでは、どの符号の信号もY(マーク)の数が3、B(スペース)の数が4と決められている。このため、伝送過程で誤りを生じれば、この配分が崩れるので、受信側でBとYとの数をモニタしていれば、エラーを検出することができることになる。

無線テレックスシステム(NBDP)はARQ(自動再送要求:1対1)方式、あるいはFEC(一方向誤り訂正:1対N)方式で自動誤り訂正を行う。この誤り訂正の詳細についてはITU-R勧告476-4及び新勧告625 (1986年発行)に記載されている。次にARQモードの通信とFECモードの通信の概略を説明する。

 

(1) ARQモード

ARQ方式は、基本的には受信側で相手に情報の送信を要求し、それを受ける方式であり、うまく受けられなかった場合には正しく受けられるまで、つまりエラーが検出されないで受信できるまで繰り返し同じ情報の送信を要求する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
688位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
13,996

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から