日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・2 移動体衛星通信

移動通信用としての衛星は、現在のところ、そのすべてが静止衛星である。これらの衛星は通信衛星、放送衛星と移動体通信衛星に大別される。TVの中継は衛星通信の大きな一つの分野である。これらの中には、我が国のように比較的小さな受信空中線を使用して、視聴者が直接受信をする放送衛星、最近我が国でも見られるようになったビルの屋上等に中形の空中線を置いた共同受信のTV放送と中継があり、これには通信衛星のチャンネルも使用されている。この他、TV局による放送のための国際と国内中継もある。

通信衛星には国際通信用のインテルサット衛星と各国の国内通信衛星がある。国際通信は公衆電話、FAX、データ通信の他、専用回線もあり、国内通信衛星は、企業等の専用回線が主体である。

移動体通信衛星は、現在のところ運用されているのは、国際組織であるインマルサットの海事衛星システムであるが、インマルサット条約の改正により、利用可能なときは航空衛星通信と陸上移動通信への利用の道が開けている。

移動体衛星通信だけでなく、移動体通信全般では、移動体側の通信機の小型、簡易化、特に空中線のそれが要求され、これらは現在の技術的な進歩が著しい一つの分野であることは、町で見掛ける小型の携帯用電話機からも明らかである。船舶用の移動体衛星通信が開始されたのは1978年の末で、新しくその目的に割当てられたLバンド(1.5GHz帯)を使用し、径1m前後のパラボラ空中線を使用する船上装置が導入された。1979年にはインマルサットが組織化され、60数か国の旧ソ連を含む世界の海運国が加盟をし、主要海運国には、径20m程度のパラボラ空中線をもつ海岸地球局と衛星ごとに通信網管理局が設けられている。

1990年から1992年にかけて、その第二世代の衛星が第7章の図7・15に示した4衛星位置に打上げられ、1994年以降には第三世代の打上げも計画された。このマリサットシステムとその船上装置は、インマルサットでも、A型として原則的に引継がれている。更に、従来から検討されていた無指向性の空中線を使用し、印刷電信のみのC型(インマルサットC)をGMDSSの導入を機に、その一つの主力のシステムとして導入され、更に近い将来ディジタル音声とデータ通信のB型と径40cm程度の空中線を使用して、音声の品質を若干犠牲にしたM型が導入される計画である。また、初めにも述べたようにインマルサット衛星を利用する自動浮揚型のEPIREも制度化されているが、現在のところ、我が国では使用は認められてない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
416位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
23,829

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から