日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


これより、Et=E0+Er=E0+ρ×E0×e-jαが与えられる。

こゝで、Et=F×E0と表すとすれば、

F=Et/E0=|1+ρ×e-jα|=1+ρ2+2×ρ×cosα

であり、海面において完全反射するとすれば、ρ≒1であって

F=2+2×cosαとなる。

またφ=180°=πであるとすれば、F=2+2×cos(π+β)となり、

三角関数の公式からF=2×sin(β/2)を得る。

これに上のβの値を入れると、

F=2×sin{2×π×Hs×He/(λ×R)}となる。

これは電圧の比であるから、電力の比はこの2乗であって、

F2=4×sin2{(2×π×Hs×He/(λ×R)}を得る。

これが(6・4)式に入っているのである。

 

付録2 (6・6)式のAs及びAeの証明

第6・6図より、{Re+(Hs−As)}2=Re2+R12であって、

Re2+2×(Hs−As)×Re+(Hs−As)2=Re2+R12となる。

Reは地球の電波的等価半径であって、6371229.3m×4/3で与えられ、

(Hs−As)2はこれに比べて非常に小さいので無視すれば、

Re2+2×(Hs−As)×Re=Re2+R12となる。

これを整理して2×(Hs−As)×Re=R12を得る。

一方R1≒R×{Hs/(Hs+He)}、R2≒R×{He/(Hs+He)}であったから、

これを代入すれば、

2×(Hs−As)×Re=R2×{Hs/(Hs+He)}2となり、

As=Hs−(R2×Hs2)/{2×Re×(Hs+He)2}を得る。

同様にして、

Ae=He−(R2×He2)/{2×Re×(Hs+He)2}が得られるのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
62位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
187,364

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から