日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・13・14 自動衝突予防援助装置(ARPA)

衝突予防は、他船などの物標の位置をプロッティングすることにより、その将来位置を予測し、危険かどうかを判定している。これらの作業をコンピューターで自動処理するのが、ARPA (Automatic Radar Plotting Aid)である。

レーダーで得られた目標の信号はデータ処理器で処理され、自船からの方位と距離の信号としてコンピュータに転送される。

レーダーでプロッタにプロットするのは3分か6分の間隔で行うが、ARPAの追尾は電気的に一定時間間隔でプロットしてゆくことに相当する。これは時々刻々検出された目標位置データを先に検出された目標位置データと比較し、同一目標であるか否かの判定をし、同一目標の位置データの変化量を計算するため、同一目標ごとにデータをファイルするものである。

時々刻々変化する同一目標の位置データから、目標の速度、針路を算出し衝突の危険性の有無を判定するものである。目標の速度、針路が判明すれば自船に最も近づく点(CPA: Closest point of Approach)と、それに至るまでの時間(TCPA: Time to CPA)の計算は容易である。このCPA及びTCPAを、あらかじめ自船の状況に応じて設定した最小CPA、及び最小TCPAと比較して衝突危険の有無を判定する。

通常のレーダースコープ上に他船のベクトル(真と相対ベクトルの切換)と、どの目標が危険船であるかを、また衝突の危険船がある場合は警報音及び警報ランプで、操船者に注意を促すものである。

 

2・13・15 プロッティング設備

従来は光学プロッターを使用して、レーダー表示面上で他船の動きをプロッティングしていたが、現在では電子プロッターの機能がレーダーに組み込まれている。本設備は、レーダー画面上の映像を一定時間間隔でマークすると、その物標の動向をベクトル又は数値データで表示する。

なお、将来設備のための電子プロッティング機能(EPA: Electronic Plotting Aid)と自動追尾機能(ATA: Automatic Tracking Aid)に関する性能基準がIMOで審議されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
301位
(31,555成果物中)

成果物アクセス数
35,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月23日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から