日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(a) 軽金属

海水など塩分の被害をうけるおそれのある場所に装備する機器の構造用軽合金材料は日本工業規格による耐食アルミ合金を使用し、表面処理及び塗装に特に注意すること。

(b) 特殊鋳鉄

構造材料に鋳鉄を使用する場合は特殊鋳鉄又は鋼板を使用することが望ましい。

(3) 導電材料

(a) 導電材料は特に指定のない限り銅系材料を使用すること。

(b) 銅材はJISC3001(電気用銅材の導電率)による導電率のよいものを使用する。

(c) 巻線用電線は油性エナメル絶縁電線、紙巻線及び綿巻線は使用しないこと。

(4) 配線材料

(a) 機器の内部配線用電線は次による。

(i) JCS296B 660V船用制御機器配線用ビニル絶縁電線(SYP)

JISC3410 0.6/lkV制御機器配線用ビニル絶縁電線(0.6/lkV SYP)

(ii) JCS378B 660V船用配電盤用単心可とう難燃架橋ポリエチレン絶縁電線(SCP)

JISC3410 0.6/lkV配電盤用可とう難燃架橋ポリエチレン絶縁電線(0.6/lkV SCP)

(b) 機器の正常な使用状態で導体の最高温度が、上記(i)に示す絶縁電線では75(℃)、上記(ii)に示す絶縁電線では85(℃)を超えないよう使用すること。

(c) 抵抗体、電球ソケットなどの付近で、温度の高い場所で使用する内部配線は、これに適したものを使用すること。

(5) 絶縁材料

電気機器の絶縁については、JISC4003-1998(電気絶縁の耐熱クラス及び耐熱性評価)で電気絶縁の耐熱クラス(Y、A、E、B、F、H、200、220、250)に対応する温度の数値で呼称する。即ち、適切な絶縁材料及び絶縁システム(電気製品において、導体と組み合わせている絶縁材料の組合せのこと。)を選択し、耐熱クラスを指定し、使用場所に応じた十分な機械的強度、電気的特性及び耐熱、耐湿性でなるべく不燃性又は自己消火性のものを使用すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
35,853

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から