日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8 電気機器の試運転と試験

 

8・1 運転前の注意

8・1・1 各部の掃除

電気機器殊に配電盤等結線の複雑なものにおいては、結線終了後、圧縮空気か電気掃除機で丁寧に塵埃を取る。

 

8・1・2 各部の点検

各部の締付けボルト、ナット類がゆるんでいないかどうか、外部導入線は十分行われているかどうか点検を行う。

 

8・1・3 回転機の注油

注油具合はどうか、また、最近は殆んどグリースを使用しているからグリースの詰め込み具合を調査する。多く詰め込まれたものは過熱の原因となる。

 

8・1・4 絶縁抵抗測定

絶縁抵抗を測定して、抵抗が低下した機器類は、乾燥の上適当に補修し絶縁を再確認すること。

絶縁不良のまま運転すれば焼損の原因となるので注意を要する。

 

8・2 回転機の始動運転と停止の注意

8・2・1 発電機

始動運転は最初から電圧を高くしないで、最初は界磁抵抗を最大にし、徐々に抵抗を抜き、速度を徐々に上げて、定格電圧にまで上げる。そこで初めて気中遮断器を入れる。並行運転を行う場合はその方法に従って行い、完全に並行運転をみとどける。

また、停止の場合は上記の逆の操作を行う。即ち界磁抵抗を徐々に高くし、速度も徐々に低下させて後、気中遮断器を切る。

 

8・2・2 電動機

始動運転前に補機の状態を先ず調査し、始動が差支えなければ初めて始動器により運転する。なお、速度制御器を有する場合は、初めから高速にしないで、低速から始動する方がよい。停止の場合には始動器のスイッチを“開”にすればよいが、速度制御器を有するものは、速度を低速にした後に“開”にする。

 

8・3 通信機器、制御機器、航海機器等の操作

これらは機器内部が複雑で、専門家による操作が望ましいが、操作の必要を生じた場合には、取扱い説明書を熟読し、丁寧に説明書記載どおりに操作することが重要である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
578位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
16,922

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から