日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6 電気艤装工事

 

6・1 工事心得

(1) 船舶設備規程、その他船級協会の規則に定められた事項を十分熟知し、これらに適合するように、工事を施工すること。

(2) 工事中は常に防水、防振、防熱を念頭において施工すること。

(3) 諸機器の用途・構造などを十分知って、その性能を十分発揮させること。

(4) 確実第一を旨とし、例え工事が応急の場合であっても、後日事故の発生が起らないように心掛けること。

(5) 資材の節約、搭載重量の軽減を極力計ること。

(6) 定められた工事期間を厳守し、工事を完成させること。

(7) 工事中は常に担当係員と十分連絡をとり、独断で工事をしないこと。そして工事完了後は担当係員に報告すること。

 

6・2 工事の実施

6・2・1 図面調査と材料準備

図面を調査し、できれば現場と比較し、図面どおりに電路を布設できるかどうか、また、関係部と打合せを行って支障があるかどうかなどを調べる。なお、その布設に当っての配線用材料例えば導板、パイプ、バンドなどを準備する。

 

6・2・2 電路計画

(1) ケーブルはなるべく同じ太さのものを同じバンドに納める。

(2) 積重ねは太い線を下にし、中央に高くなるようにする。

(3) ケーブルの曲げ半径は規定どおりにする。

(4) 重要な電線布設にあたっては、火災の危険の大きい場所を通過させないこと。

(5) 許容温度が相違しているケーブルは同一バンドで束ねないこと。

(6) 金属管工事については、管の太さは電線総断面積の250%より大(電線占有率40%未満)となるようにする。その他は定めたとおりとする。

 

6・2・3 位置出し(墨出し)

(1) 電路の位置出し

(イ) 電路の長さを最短とし、斜走電路は極力さける。

(ロ) 電路布設工事は容易で、かつ、損傷をうけない場所を選び、湿気・高熱の場所をできるだけ避ける。止むを得ない場合は、防熱面から200mm以上はなす。

(2) 機器の位置出し

(イ) 機器は性能に応じ、操作に便利な位置を選ぶ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
580位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
17,100

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から