日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


5 電気艤装設計

 

5・1 基本計画

5・1・1 基本的方針の確立

設計・工事に着手前に次の事項について調査し、基本的な方針を確立しておくことが必要である。

(1) 船の種類、トン数、航行区域、竣工年月日、適用する規則類、検査を受ける機関名等。

(2) 船主との打合せ(船主の希望事項と関連法規、規則との問題点の有無、船主より提出された船体、機関、電気の建造仕様書と造船所の思惑と相違しているか。)

(3) 造船所が作成した船体、機関、電気の仕様書については船主と十分打合せ、問題があれば解決しておく。

(4) 建造仕様書には表れていない居住室、公室等の外観重視及び工作法の度合い等について打合せをする。

(5) 原価低減の立場から、できるだけ標準品採用についての打合せをする。

(6) 艤装品については、船主の希望品目もあるので、これらを十分知り、装着後問題を起さないようにする。

 

5・1・2 電気的基本計画

船舶の種類、大きさ、航行区域等によって、次に述べる電気的基本事項を決めて、船主並びに関係先と協議し、計画を行う。

(1) 電圧と周波数

(a) 供給電圧は次に掲げる値をこえないこと。(船舶設備規程)

 

078-1.gif

注 上表のように規定されているが、工事条件を決めて、電熱設備は500Vまで、また、照明設備のうち探照灯、投光器及び集魚灯は250Vまでの使用が認められている。但し、小型船舶安全規則では上記にかかわらず、250Vを上限としている。

 

周波数

周波数は50Hzと60Hzとがあるが、一般には60Hzが採用されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
580位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
17,035

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から