日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


3 機関部概要

 

3・1 主機関の出力の種類

主機関には各種の出力が使用されているので、次にこれらを示す。

 

3・1・1 常用出力(normal output)

航海速力を得るために常用する出力で、機関の効率と保守の上から経済的な出力をいう。

 

3・1・2 連続最大出力(max continuous output)

機関が安全に連続使用できる最大の出力をいう。これを機関の強度計算の基礎とし、主機の呼び出力とする。

 

3・1・3 過負荷出力(over load output)

連続最大出力を超えて、短時間使用できる出力をいう。

 

3・1・4 後進出力(astern output)

船の後進時における最大出力をいう。

 

3・1・5 軸出力(shaft output)

蒸気タービン等の軸継手に伝えられる出力をいう。

 

3・1・6 ブレーキ出力(break output)

内燃機関の軸継手に伝えられる出力で水動力計等により計測する。

以上が通常船舶に使用されている出力の種類であるが、これらの外に次の出力もある。

 

3・1・7 図示出力(indicated output)

内燃機関や蒸気往復動機関などのシリンダ内で発生する出力をいう。この値は指圧線図の面積を測って求める。

 

3・1・8 有効出力(effective output)

船をある速度で、船体・抵抗に打ち勝って動かすに必要な出力をいう。

 

3・1・9 伝達出力(delivered output)

主機関が発生した軸出力からプロペラに伝わるまでの、いろいろの摩擦損失等を、差し引いた残りの出力を、伝達出力という。

タービン軸出力≒1.02伝達出力

ディーゼルブレーキ出力≒1.05伝達出力(主機が中央部の場合)

≒1.03伝達出力(主機が船尾部の場合)

 

3・2 船の速力と主機関の出力との関係

船の速力と主機関の出力には、おおよそ伝達出力、∝V3の関係がある。

V:速度(ノット)

〔例題〕、船の速力を2割増しとすれば、伝達出力は何割増せばよいか。

〔解〕伝達出力=(1.2)3

≒1.7 7割増し

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
578位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
16,922

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から