日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


以上述べたさまざまの力は個々別々でなく、同時に組合わされて起こるので船全体の構造も総合的に取扱わねばならないから各部材が弾力的に組合わされている。

したがって、船体の構造物に穴をあけるとか又は変形を必要とする工事には、関係者と十分連絡をとるようにし独断で行ってはならない。

 

2・3 船体の区分け

船の種類により一定はしないが、一般的に次のとおり大別される。

(1) 操船・航海用諸室

(2) 居住区域

(3) 機関区域

(4) 船首倉・船尾倉

(5) 貨物倉(貨物船、貨客船等の場合)

(6) 旅客室(旅客船、貨客船等の場合)

(7) 魚倉、魚獲物の処理場(漁船の場合)

(8) 船底部(二重底又は単底)

これらの区画は、船の長さの方向に隔壁で区切りされ、上下の方向では甲板で区切りされている。更に、これらの区画は必要に応じて、小区画の倉庫、室等に区切りされ、これに通ずる通路、入口及び扉等があり、貨物倉庫等の上部甲板には、貨物等の積降ろしのためのハッチが設けられる。

次に貨物船の一例について以下簡単に述べる。

 

2・3・1 諸室、倉庫、通路等

(1) 操船・航海関係室

操舵室、海図室、無線室、かじ取機室等がある。

(2) 居住区域

船員常用室として船長、船員の専用する寝室、食堂、食器室、糧食庫、洗面所、浴室、便所、病室、医務室、賄室等とこれらに通ずる通路がある。

(3) 機関室

主機関、ボイラー補機関等が設置されるが特殊なものとしてここから後部中間軸に沿って軸路及びここから上甲板に通ずるエスケープトランク(逃げ出し通路)等がある。

(4) 倉庫類

貨物倉(cargo hold)は積荷の種類に応じて内部の設備は異なる。船首尾倉は名称のとおり船首及び船尾端に設けられ清水等を入れる。船首倉と接して錨鎖庫がある。また、小室の倉庫として甲板用諸器具、滑車類、救命具及び索類を格納する倉庫等がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
580位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
17,035

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から