日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


2.3 計測器

(1) 計測器使用の注意

計測器の使用にあたっては、次の事項に注意しなければならない。なお、絶えず新鋭計器に対する知識を広め、これらを導入して測定技術の改善に努めなければならない。

(a) 被計測物の定格に適合した能力、精度の計器を選択する。

(b) 計器に油、ゴミ、ほこりが付着していると測定誤差の原因となるので、よく清掃する。

(c) 計器に付属品があるときは、他の計器のものとまぜないよう注意する。

(d) 計器のゼロ点は使用に先だち調整する。

(e) 外部磁界や静電界の影響を受ける恐れのある場所は、できるだけ避ける。やむを得ない場合は、シールドタイプ計器を使用する。

(f) 計器の配置は能率的な読みやすい配列とし、振動の多い場所や高温多湿の場所はさける。やむを得ない場合は、防振ゴム台又はビニールカバーをする。

(g) 事前に使用計器の性能と取扱いを十分に修得して、測定時にまごつかないように心掛ける。

(h) 計器の指示値は目盛板の正面より正しく読み取り、斜めに読んで視誤差を起さないようにする。

(i) 計測準備中、計測中及び計測後の計器取外し作業中、周囲の帯電部に十分注意を扱い、感電したり計器を焼損したりしないようにする。

(j) 計器使用後は清掃の上、破損や異常の有無を点検し、付属品は紛失したり混同したりしないようにする。

(2) 計測器保管管理

計測器の保管整備にあたっては、次の事項に注意しなければならない。

(a) 貸出し、保管についての規定を定める。

(b) 計器台帳を整備して計器の来歴、性能、員数を明らかにし、適宣、調査利用できるようにする。

(c) 月例点検を行うとともに、定期検査で校正を行い計器の性能を維持するように心掛ける。

(d) 計器の故障又は精度が低下したものは、放置しないで十分手入れをする。

(e) 計器の保管場所は、振動、湿度、塵埃(じんあい)が少なく、高温、直射日光を受けない場所とする。

(3) 一般計測器

一般商用周波数の交流及び直流回路に使用される各種電気計器は、測定しようとする電圧、電流、抵抗等の種類、条件、計量の大小、必要な確度等によってそれぞれ計器の種類や定格も異なってくる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
320,507

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から