日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1.2 電気艤装の手順

1.2.1 金物取付

(1) 一般

金物は、電気機器及び電線等を船体へ固定するための支持金物で、動揺と振動に耐え、取付け後は塗装等保守が可能な形状でなければならない。また布設されたケーブル等の保護、貫通部の防水等を目的として使用する金物等があるので、これらの目的に合致するよう取付けなければならない。

取付けは一般に電気溶接が使用され、溶接面は、すみ肉溶接が使用され、各々の取付けられる区画によって、全周又はチドリ、片面巻込み溶接で取付けられる。また暴露部に使用する場合は海水による腐食防止のため一般に亜鉛メッキが施される。その他の区画に使用する場合は錆止め塗装とする場合が多い。金物取付に際しては、各職種が同時に行われるので、他職種と協調して行うが、金物の取付け手順は次を一般としている。

電線貫通金物、主電路金物、支電路金物、機器台、特に機器台の内電灯台等天井面に取りつけられる台類は他職種の通風ダクト、パイプ等が取付けられた後がよい。これらの金物類の取付けには電気艤装品取付図が使用される。

(2) 電線貫通金物

(a) カラー及びコーミングの取付け(図1.4・1.5)

船体構造物にはできるだけ貫通孔をあけないようにし、極力船体の重量軽減孔や、スカラップを利用するのがよい。

例え図面指示があって、利用可能なスカラップがあれば開孔せずスカラップを利用するとよい。また現場合わせにて開孔する場合は、開孔基準により開孔すること、船体強度に影響するので、開孔基準に従い作業にあたる必要がある。(開孔基準は設計編による)

 

459-1.gif

図1.4 カラー、コーミングの取付例(1)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
319,616

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から