日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


2.2 電気艤装図の手順

2.2.1 基本計画

(1) 電力需要

(1.1) 電力消費機器の情報収集

電源設備の容量、台数等は船の基本計画時に決定されるが、計画時に推定した消費電力が船の就航後の実消費電力と大きな差異がないようにしなければならない。すなわち、基本計画時に各機器の運転条件を十分に把握することが必要である。そのためには、航海時、出入港時、荷役時等それぞれの状態において、各装置あるいは各装置群がどのような運転状態・使用状態にあるかを検討しなければならない。最近の船舶の省エネルギー化あるいは自動化の進展によって、機器も多種多様となってきており、一層正確な把握が必要となってきている。

机上の計算、検討のみによることなく、同種の船の海上運転のデーターを検討し、就航船の状況等を調査して、さらに精度を上げた計算書とする必要がある。

(1.2) 主発電機の定格容量、台数の決め方

発電機の容量、台数については、船の適用船級協会規則に規定されている条件を満足しなければならない。すなわち、発電機2台以上装備し、そのうちいずれの1台が故障しても残りの1台(又は複数)で船の航行及び安全に必要な電力をまかなうことができる容量としなければならない。

また、発電機の台数や原動機の種類等は色々考えられるが、船の種類と負荷の使用条件、燃料経費、設備費等を考え、事前に船主と十分な打合わせをしておく必要がある。

主発電機は、1.2各主要装置(1)電源動力装置の中でも述べているように、一般にディゼル機関駆動発電機(通称ディゼル発電機)を装備することが多いが、主軸により駆動される発電機等を装備することもある。

装備発電機の組合わせには、次のものが考えられる。

(a) 発電機を2台装備し、航海時は1台で、出入港、荷役時は2台でまかなう。航海時は1台予備となる。

(b) 発電機を2台装備し、航海、出入港、荷役時とも1台でまかなう。常時1台予備となる。

(c) 発電機を3台装備し、航海時は1台で、出入港、荷役時は2台でまかなう。航海時は2台、出入港、荷役時は1台予備となる。

発電機の容量、台数は、あらかじめ計算した船のすべての状態における所要電力(この計算書を電力調査表という)をベースとして、発電機の組合わせ、発電機の特性、イニシャルコスト(主に設備費をいう)、ランニングコスト(主に燃料費、保守費をいう)等を考え合わせて決定する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
319,616

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から